パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

間をとることで、ボールから目を離さずにパットするので、芯を捉えることが出来るとUPしました。→「間をとる」

 

これは、トップで間を置くことで、人間本来の目的達成能力が自然に働き、芯を捉えようと目標を見続ける本能が生きてるということだと思います。

 

逆に、間をとらずにスイングが思うようにならないジュニアに対し、スローモーションでボールに歩み寄りスイングのルーティンをしてから打つことを勧めたら、本人が驚くほどテンポが良くなったと「禅ゴルフ」(J・ペアレント著 塩谷紘訳 ちくま文庫)が紹介しています。

 

夢中になりすぎて、気が付かないうちにこの子のテンポは速まってきていてトップで間が取れなくなっていたわけですね。

 

パットでも打ち急ぎはしばしば起こります。

打ち急ぎを防ぐには、パットの素振りをする時に、敢えてスローモーションで行うことが有効です。

これを行うと切り返しに間が出来て、ボールもしっかり見続けることが出来ます。

 

前にも紹介しましたが「トップで間を持てれば、ボールを見続けやすい」と言うのは杉原輝雄の言葉です。重い言葉ですね。

 

パットを打ち急ぐほど気合が入った場合は、是非スローな素振りストロークを思い出してください。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!(~_~;) 

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。