パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

ショートパットでストロークの軌道を安定させるために「両肘を押しつけるように」ストロークすること(→「パターを肘で持つ」)をUPしたところ、「ミッシェルのパパさん」(*1)からコメを頂き「両手を引っ張る」ストロークをしているとのことでした。

この方法はパパさんが、研修生時代に編み出したオリジナルな極秘ストローク方法です。

許可を頂きましたのでオープンさせて頂きます。

 

人により適性は違うのかもしれませんが、私もその後「引っ張る」ストロークを試してきました。

結論は「優れてますね!」です。

 

両肘を引っ張るストロークで心がけること(注意点)は

1.手で引っ張るのではなく、両肘で引く

2.引くタイミングは、(私はテークバックの前にフォワードプレスをするので)

  フォワードプレスをする時に合わせて両肘で引きあうように注力する。

3.力感の大きさは(これも個人差が大きいと思いますが)

  始めのうちは少し強めに、慣れてきたら軽く引く程度が良さそうです。

4.この時の力感を変えずに、テークバックからフィニッシュまでストロークする。

 

こうすることで、

1、手首に意識が行かず、手首を捏ねない振り子式のストロークが出来る。

  力感は両肘に感じ続ける。

2、ショートパットでもロングパットでも使える。

  距離勘は、今までの振り子式と同じ。

3.ショートパットでも軌道の狂いが無い(少ない)

 

これ、私は使い続けることにします。近いうちに実戦投入!!

 

特にショートパットは、いろいろと邪念が入り、ミスしやすいですね。

この方法は意識が両肘に行くので、余計なことは考えないストローク出来る。

ショートパットで悔しい思いをなさった方、お試しください。

 

*1:ミッシェルのパパさんは「全日本シングルプレーン研究学会」の会長です。

   会員募集中で、私(Green Keeper)は準会員です。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!(~_~;) 

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(1)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。