パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「距離勘のつかみ方1」に続きます。

 

このドリルには更に2つの利点があると、次のようについています。

 

ーーーー

1つは、ストローク中に頭を動かさない練習ができることだ。

これは、正しいパットに欠かせない要素である。

 

もう1つの利点は、この練習の目的はボールを無理やりエッジで止めることではないから、パッティング・ストロークがより滑らかで安定してくるという点だ。

 

パッティングの名手ベン・クレンショーは、自分はカップに入れようと思わないで打った時に最高のストロークをする、と語っている。

 

アップヒルのライでもダウンヒルのライでも、この練習をして欲しい。

若し時間があれば、ロングパットでもこれを実行して欲しい。

 

そうすれば、実際にコースでロングパットをするとき、自信を持ってグリーンの速さを読んでアドレスに入れる。

ーーーー

 

我々も素振りのときには最高のストロークが出来ます。

いざ本打に入ると、ラインやタッチに不安を覚えます。

アドレスに入る前に、タッチもラインも読んでいますから、それに不安があるんだったら自分を信じていないということですから、警察に言えばいい(冗談です)。

自分の決めたことを信じて、タッチに集中してストロークするのが正解となります。

迷いがあるとストロークがのびやかでなくなり、ミスの原因になると同時にミスの原因がなんだったのか分からなくなります。自信を持ってストロークしていれば、スムーズに行えるので、ストロークのミスそのものはまずあり得ません。

 原因はラインの読みか、タッチかはたまたグリーンの問題か、がその場で分かるので、後へ引きずることも無く、次ホールでのパッティングに活かすことが出来ます。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!(~_~;) 

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。