パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

長いパットの場合、半径1m以内に収まる様な距離勘でカップに向かって行うパットのことをラグパット(lag putt)と言いますね。

  正確な定義は知りません。

それとも入れるというよりも出来るだけカップに近づけるというパットの俗称なのかも、ですね。

 

こうすることで、長いパットの緊張感を和らげ、スムーズにストローク出来るという考え方です。

 

しかし、このやり方には難点があるというのは「禅ゴルフ」(J・ペアレント著 塩谷紘訳 ちくま文庫刊)です。

 勿論、ラグパットの功罪について解説されているんですが、その部分を省略して引用させて頂きます。

 

ーーーー

(難点の)1つは、直径2mの円はターゲットとしては大きすぎで、これから起こらなければならないことに関するイメージを心が体に微細に亘って伝えるには、範囲が広すぎる。

 

イメージが特定されればされるほど、体にとって、それを実現する作業は楽になる。

ターゲットがはっきりしないと、集中度を書いたショットしかできない。

 

もう1つの問題は、最初のパットでボールが円の中に入らなかったときに起こる。

 

「私のパットはひどい。直径2mの輪にも入らないのだから」と思ってしまう。

がっかりして、3パットしまいとすると、次のショートパットのことが心配になってくる。

 

私はロングパットの場合でも、ボールがエッジの特定のポイントから実際にカップに入るイメージを持つことを勧めたい。

芝を出来るだけ正確に読んで、ボールに可能な限り良いトップスピンをかけるだけでいい。

ターゲットがはっきりしていればいるほど、いい結果が出る。

ーーーー

 

極端なポテトチップのようなグリーンの場合、距離があるとラインが読み切れないし、ラグパットと言う考え方で、パットしたこともあります。

 しかし、結果は芳しくないですね。

ペアレントさんが言われるように、目標が明確でないからです。

読み切れない場合でも、それなりに明確にラインを決めて、上り下りの距離を計算の上、方向を絞り距離勘をフルに働かせることで結果的には1m半径の円に収まる、というのが現実的ではないでしょうか。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!(~_~;) 

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。