パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

片岡大育は最近上位常連です(今季これまで、中日クラウンズの2位を始めトップ10が5回)が、もう一歩と言うところでVに手が届きませんでした。通算-16でこの試合を制しました。

 

この日6○(ノー△)の66。この日ノー△はただ一人でした。

 

1打差の2位は池田勇太。更に1打差の3位に谷原秀人。

更に4打差での4位は川村昌弘、武藤俊憲、宮里勇作でした。

 

片岡はツアー通算2V(初Vは→「関西オープン2015」)ですが、初優勝のような涙が印象的でした。

 

この日3位の片岡を2打リード(2位の池田を1打リード)して出た谷原が中盤で落し、終盤では片岡と池田のデッドヒートでしたが、最終ホールで池田が△、片岡がパーとして決着。

 

勝因は、#18(パー4:470yds)の第2打を果敢にグリーンの池側に攻めたことですね。

ピンの右は≒3mしかないですが、カラーへのギリギリのところにONさせました。

日本女子オープンでの#18(パー4:363yds)を攻めて○にして勝負を決めた畑岡奈紗と同じ最後まで攻めたものが勝つという勝負の鉄則でしょうか。

 

このパットは左に外してパーでしたが、上りのラインを残すようにここを狙うのは至難の業の筈ですよね。尤も、同伴の谷原もここを狙ってピン右≒2mに乗せています(これも残念ながらパー)。

池田はティショットが右のラフで、第2打は花道。アプローチは30yds位残りましたが、これを寄せきれずパーパットは≒5m。これを右に外して△でした。

谷原も#15(パー5)、16(パー3)、17(パー4)と連続○として巻き返しましたが、届きませんでした。

 

片岡の今季これまでの平均パット数は1.7325でランク3位。

タッチの良さについては初Vの上記過去記事にUPしました。

 

今季これからの9戦でも活躍しそうですね。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!(~_~;) 

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。