パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

先日の「ミッシェルのパパ」さん(*1)の記事で驚くことがありました。

 

見つけました! 杉原輝雄…左腕のヒミツ」はショットのスイングで、左肘を引いて(伸ばしたままでなく、少し曲げた状態)いるのは何故かというその秘密に迫ったものです。

 

で、パットでは、どなたも肘を突っ張った形で構えたり、ストロークされる方はおられません。

適度に肘にゆとりを持って両腕を使います。

が、それはまた追って(記事を孵卵器に置いてます)、今日はタイトルの件。

 

動画の中で杉原は「(トップで)タメを作ると、ボールが良く見える」という解説しておられます。

 

リズムよくスイングするためにトップでタメを作るということは昔から常識とされてきていますが、ボールが見やすくなるという言葉には初めてお目にかかりました。

 

タメがないとリズムが取れなくて、ボールを見失うということを戒めているように感じた次第です。この言葉、杉原の慧眼ですね。後世に残る言葉じゃないでしょうか。

 

で、ショットでそのことが言えるなら、パットでも同じじゃないでしょうか。

 

特に実験をしたわけではないですが、これは共通のように思います。

 

パットでルックアップがはやい方。

パットのストロークの時にトップで今まで以上にタメを意識して作り、それからダウンに入るようになさっては如何でしょうか。

 

これ、個人的には根拠があるんです。

私(Green keeper)はアプローチのイップスを患って悪戦苦闘し、いろいろと脱出法を探ってきた過程で、トップにおけるマを意識的に増やすことでタイミングを改善することが出来ました。

気持ちに余裕が出来てボールもしっかりと見続けることが出来ます。

即ち、手打ちにならず体の回転で打てるので、打ち急ぎを改善できたという次第です(笑)。

 

その後、ドライバーもアイアンもパットも意識的にマを大きく取る方がタイミングよくストロークすることができるようになりました。

 

パットを打ち急ぎなさる方、是非お試しください。

 

ボールも良く視えて、芯を正確に捉え、ルックアップを急ぎ過ぎず、距離勘も良くなるというご利益に出会えるように思います。

 

*1:ミッシェルのパパさんは「全日本シングルプレーン研究学会」の会長です。私は準会員で、会員・準会員の皆様からいろいろと勉強させて頂いてます。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!(~_~;) 

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。