パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

池田勇太の逆転Vの気配が濃厚でしたが、#18(パー4)でのティーショットを右バンカーに入れ、ここからの第2打はピン手前≒30ydsのFW。ライは悪くなかったですが、ピンは中段で、52°のウェッジで「思い切り突っ込んだ」ものの≒2mの上りを残し、このパットをわずかに右に外して△(-17)。

 

B・ジョーンズは(この時点では1打ビハインド)名物ホールの#17(パー5)でティーショットを左ラフに入れて2オン狙いは断念し、第3打目を左上≒2mに乗せてこれを○(この時点で池田に並ぶ)。#18ではFWからの第2打を右下≒8mに乗せて、ファーストパットを≒50cmに寄せてパー(-18)。

 

3位は更に1打差の石川遼。

日本オープンにも出場するそうですから、面白くなりそうですね。

 

ジョーンズは3年ぶりのVでJGTOは、「ミズノopn2013」以来通算14V。

 

3年ぶりですから、それまでの13Vは長尺のアンカリングしたパッティングだったということですね。「ショートパターでも優勝できるということが証明できた」という言葉には、そこに至るパットの苦労が積み重なっていたことを彷彿させます。

 

この試合、ジョーンズにとっては因縁ありですね。

2013年、ラフからのショットで左手首を痛め(棄権)、手術したりゴルフを断念しようとまで考えたそうですから、今回のリベンジは見事です。(怪我を乗り越えたり、アンカリング規制があったりして)「忍耐強くなり、過去の経験を活かすプレーが出来た」とご本人。

 

人間万事塞翁が馬の言葉はゴルフでも生きてますね(笑)。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!(~_~;) 

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。