パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「巧打の連鎖」に続きます。

巧打の連鎖(パットが決まり、ショットもアプローチも上手く行っている)ばかりではないですね、ゴルフは。逆の場合もあります。

 

短いパットを外して3パット。これって効きますね、マイナスに(泣)。

次ホールではティーショットが上手く行きそうもないという気持ちにさせられてしまいます。

 

なぜ、こういう心理的な状況に陥ってしまうのかについて、何度も紹介や引用させて頂いた「禅ゴルフ」(J・ペアレント著 塩谷紘訳 ベースボールマガジン社刊)に解説がありますので、一部を省略して引用させて頂きます。

 

ーーーー

記憶は心が選択する

 

人間は、ものごとを意識下で選別して記憶に留める。特定の瞬間に起こったことをすべて覚えている者は誰もいない。だからあるできごとについての記憶は実際に起こったことを100%正確に反映するものではない。

 

人の心は自分が見たいと願うものに注意を払おうとする。要するに、人間の関心は自分を取り巻く世界と自分自身に対する見方にマッチするものに向けられるのである。

 

だから、ティショットでトラブルに巻き込まれそうだと思えば、心はフェアウェイを見ないで、ハザードを見てしまう。グリーンで(パットを)失敗しそうだと思えば、カップに入るための最高の通り道は見えず、代りにどう打っても入らないようなラインばかりが見えてくる。

 

われわれは、自分を取り巻く世界と自分自身に関わる現在の体験に合致することを、すべて中心的に考える。(中略)

 

われわれは、物事の在り方に関する自身の見方に合致するケースが一つでもあれば、その重要性にあえて関心を注ぎ、それを誇大に評価する。

大半のゴルファーは上手く行かなかったことを集中的に考えるから、何ラウンドもナイスパットして回らないと自分はパットが上手いと考えるようにはならない。

 

一方、わずか数回ひどいミスパットをした途端に、自分はパットが苦手だと思い込んでしまうのである。(続く)

ーーーー

 

負の連鎖を断ち切る方法は人それぞれだと思うのですが、ミスパットしてうなだれて次ホールのティーショットに臨むときに、それを断ち切る良い方法があります。

こうなったのはパットの責任ですから、弊ブログのカテを逸脱させて頂きますね(笑)。

 

それは、パットで使うナビラインをFWの目標地点に向けることです。

やり方はパットを同じです。

こうして打出し方向を目標に向けることで目標を明確に意識でき、負の連鎖を断ち切ることができます。

OBなど、ティーショットでのミスは極減します。

因みに私(Green Keeper)は全てのティショットでナビラインを活用しています。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!(~_~;) 

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。