パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

ーーーー

大きく切れるさまざまな距離のパットラインを異なった斜面で読む練習をしよう。

 

それぞれの距離で、ストロークとペースを調整して次第に大きなブレークを計算に入れてパットし、最大限のブレークを勘案して転がしたボールがしっかりカップに届くようになるまで、練習を重ねる。

 

このエクササイズを通して、異なった距離のパットを打つ場合や、グリーンの斜面が極端に急な場合に、どの程度の切れを想定すれば自分としては一番安心してパット出来るかがわかってくる。

 

因みに、この練習では精神のエネルギーを節約することが重要なことを覚えておいて欲しい。

 

別の言い方をすると、パットを15cmショートするほうが、2mもオーバーして難しい返しのパットを残すよりストレスが少ないことを忘れてはならない、と言うことだ。

ーーーー

以上は「禅パッティング」(J・ペアレント著 ベースボールマガジン社刊)の7章「迷いから醒めるために」の一節です。

 

でも実際には、こういう環境がなかなか無いのですよね。

 

パットの上達には、急傾斜でアンジュレーションのきついグリーンで練習するのが近道ですが、それが出来ないのが実態です。

 

たまのラウンドでも、練習グリーンはコースグリーンよりも単純な傾斜・アンジュレーションに作られているのが一般的です。

これはこれで目的があってそのように作られているわけですが、もっと厳しい設定の練習グリーンがあっても良いと思うのですがいかがでしょうか。

 

私(Green Keeper)は練習グリーンにマイカップ(円盤*1)を持って行き、一番の急傾斜に置き、急傾斜の練習をすることがあります。

これで、かなりその日のグリーンの切れ方を把握できると思います。

 

*1:直径10.8cmのプラスティックの円盤です。
   クロネコさんの伝票ホルダーの廃版品から作り、キャディバに常備しています。

 

以上は以前メインブログにしていた「ブログ人」にUPしていました(090227)が、「ブログ人」はサービス停止になったので、再編しAmebloにUPさせて頂きました。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。