パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
フックラインとスライスライン、どちらが得意か持ち球で変わるという説は有力だと仰るのは大本研太郎さんです。

「重心パッティングのススメ」(同氏著 マイナビ刊)から引用させて頂きます。

ーーーー
スライスラインとフックライン、どちらが得意?と聞かれて、即答できる人はなかなかのパット上手。(中略)

持ち球によって変わるという説は有力です。

ドローヒッターであればフックラインが得意で、フェードヒッターであればフェードラインが得意という訳です。

普段から、どちらかに曲がるボールを打っているので、ラインがイメージしやすいのが理由です。

実際には、フックラインの方が易しいと言えます。

フックラインであれば、ジャストタッチでカップインするだけでなく、強めに打った時に曲りの小さなラインでカップインしてくれるからです。

パッティングでもフェースは開閉するので、強く打った時はボールの打出しが左になることが多くなります。
しかし、フックラインなら狙いよりも強めで左に出たボールがカップインしやすいのです。

一方、スライスラインなら、ジャストタッチでラインの読みが合えばカップインしますが、強めに左に出たボールは、カップの横を通過してしまいます。

弱いともちろんノーチャンスなのでスライスラインを入れるには、タッチとラインの読みをしっかりと一致させる必要があります。

強めでも入る可能性のあるフックラインの方がアバウトなので、カップインの確率が高いという訳です。

スライスラインが得意と言うゴルファーは、ショットもスライス系の球筋の人か、タッチを絶妙に合わせられる名手タイプの人でしょう(*1)。

そんな人はフックラインもしっかりと決めてきます。
ーーーー

ここでも疑問は、最大傾斜線に対して単純に左右対称のスライスとフックのラインを考えた場合、何故フックがアバウトでも入る(確率が高くなる)の?と言うことです。

現象、現実としては大本さんの仰ることは認めているのですが、何故そうなるの?と言う点では納得出来ていません。

*1:「ミッシェルのパパ」さんや「クロノ」さんが、このタイプですね。

尤も、「道具屋」さんのように、スライスラインでもフック回転の転がりで攻めるので、ラインを薄く取るという多芸な方もいらっしゃいますね。

いつも応援ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。