パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
スライスラインが(フックラインに比べて)苦手って方、意外に多いですね。

私もその一人なんですが、その理由が分からずに今に至りました(泣)。

同じ傾斜でフックラインに比べてスライスラインのカップインの確率が悪い。

昔はプロでもこういう話をしていました。
今ではこういう言葉は口には出さないですね。企業秘密?!

原因が分かりました。

スライスラインでも、ライン(タッチ込み)は正しく読んでいます。

アドレスに入るときに、どうやら打出しラインに対して正しくスクェアに向いていない!

これは、右利き人間の特有の癖なのかも知れませんが、フックラインに対しては正しく打ち出しラインに対してスクェアに構えられます。
しかし、スライスラインに対しては正しく(構えたつもりでいましたが)狂いが生じています。

そしてこの狂いには、右とか左と言う偏りはなく、言うなれば日替わりで、今日は右、明日は左と不安定です。これじゃ、苦手という認識になりますね。

長いこと取り組んできましたが、こんなに時間がかかって分かるなんて、珍しい体験です。

何故、こういう理解に至ったかについては(検証済です!)長くなるので、今回は割愛です。

で、対策は?と言うことですが、これはボールの先1m位のところにスパッツを設けてそこにスクェアにフェースを合わせてからアドレスに入るという常識的なことが効果があります。

慣れているゴルファーは、フックの場合もスライスの場合も、スパッツを設けない方がおられますが、やはり基本に戻りスパッツを設けるのが良いように思います。

あ、スライスが苦手。フックラインではスパッツなんて要らないと仰る方は、スライスラインの場合のみ、スパッツを設けることをお試しください。

こういうことについては、パットの猛練習を積んでこられた方が、多くの経験やノウハウをお持ちじゃないでしょうか。

「ミッシェルのパパ」さんや「クロノ」さんのノウハウの御開陳を期待しています

いつも応援ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。