パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「最も大事なこと」に続きます。

ーーーー
ボミのパッティングを見ると、バックスイングではヘッドは低い位置にあり、インパクトから徐々にヘッドが上昇して、フォローでは少し高くなる(*1)。

ボールに順回転がかかることがわかる。

また、バックスイングよりもフォローの方が長くヘッドが出ることが多い(*2)。
転がりがさらに良くなるからだ。
 
(と、執筆者の本條強さんは書いておられます。続いて、、、)

ボミは転がりの良さも大切にしている。

「ボールはきれいに真っ直ぐに転がることが大事です。そのためにはパターの芯でボールの芯をヒットすること。

そうでないと、距離が一定になりませんし、曲りも一定にならない。

また、転がりの良い順回転にするにはほんの少しアッパーブローに打つほうが良いです。

転がりの良いボールが打てればカップインの確率が上がります」
ーーーー

*1:D・ストックトンも宮里優さんも「フォローは低く長く」と指導されます。
   私(Green Keeper)の解釈は、この指導は「パターの芯でボールの芯を捉えることの注意事項」(ヘッドアップの防止)と思っています。
   しかし、これに拘ると再現性の高いストロークは得られないことになります。

そもそも、パットの転がりには理論があるのです。
今まではそのことに諸先輩が気が付かなかっただけです。
その転がり理論とは「理想の転がりを得る打撃条件とそれを得るストローク」です。

この過去記事の2枚の図をご覧いただくとボールの出だしから、順回転が得られるストロークが存在することがご理解いただけると思います。

そして、それは自然なアッパーブローのストロークです。

*2:バックスイング(BS)とフォロー(FS)の長さは同じが良いと指導もあります。
   清元登子さんがそうですね。
   これも個人個人で違うと思いますが、私の場合はBS:FS=1:2くらいにしてます。
   そしてフィニッシュをキッチリと採る方が距離も安定するように思います。

以上でお気づきのことと思いますが、イ ボミは教科書通りのパッティングをしているということですね。
そしてそれを徹底しているので、パットが上手いのではないでしょうか。
指導してるチョ・ボムスさんの指導力にも敬服です。

いつも応援ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。