パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
B・ホーガンの「モダン・ゴルフ」(水谷準訳 ベースボールマガジン社刊)はゴルファーの誰もが読まれた名著ですが、その中にはパットに関することが書かれていないのが不思議です。

尤も原著の題名は「Ben Hogan's Five Lessons of the Fundamentals of Golf」ですから、著者の責任ではありません。でも、私は期待しちゃってたんですね、パットの章があることを。

ホーガンが「引退するまで誰にも話さない」ゴルフの秘訣と言うのは、これではないかとUPしたことがあります。→「左頬を動かすな」

ショットの場合、私がホーガンのご託宣を使ってみると、方向性が定まるし、アイアンで飛距離が大体5yds伸びます(P~5鉄)。

私はゴルフを始めた頃から方向性重視でやって来ましたので、今更ホーガン効果としての方向性はありがたさを感じませんが、アイアンの飛距離UPについてはホーガンさまさまです。

では、これがパットに使われたらどうなるのか、しばらく毎朝のドリルに加えてやってみました。

はっきり言えば効果ありです。

左頬を動かさない(ホーガンのご託宣)という意識でやるか、私のように左頬ではイメージがボケるので、左耳を動かさないでストロークするかは、人それぞれだと思いますが、①方向性が安定する(真っ直ぐに出る)②転がり距離が延びる、という結果が出ています。

転がり距離は、従来と同じやり方(ストロークの振り幅)でやって、数%伸びるように思います。
5mの距離で約30cm位でしょうか。

イ ボミはパッティングで最も大事なことは頭を動かさないことだ、と仰います。
「最も大事なこと」

頭を動かすな、とよく言われますが、これも意識しにくい方法ですね。
左頬なり、左耳を動かさないと言うことの方がより意識しやすいと思います。

お試しください。

いつも応援ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。