パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「集中力を高める2」に続きます。

ーーーー
プロのアドレスから打つまでの動作を見ていると、人それぞれ決まった手順があることに気付く。

ラインの後方からパターを持ち上げてみたり、球の前に一旦ヘッドを置いたり、両足のつま先を交互に上げたり、左肩のシャツをつまみ上げたりしている。

このように決まった手順(ルーティン)であたかも儀式を行うかのように、ストロークする前に導入動作をすると、コンセントレーションを高めることができる。

この良い例は相撲の仕切りである。あの儀式化された準備行動を通して力士は、これから始まる相撲の取り組みに必要な緊張と興奮のレベルを高め、精神を集中させている。

動作は、動作を開始するとき、その動作が重要なものであればある程、開始することに抵抗を感じて緊張し、ぎこちなくなるものである

パッティングの場合もこのような導入動作を加え、動作を流れ作業化すると、抵抗感がずっと緩和され、一定のリズムに乗って行えるようになる(*1)。

コンセントレーションが強いと、要らないものは一切耳や目に入らなくなるが、パッティングの名手と言われる人は、コンセントレーションが大変強い。

ニクラウスのパッティングしているときの態度を見ると、球をカップに入れることだけに全神経が集中し、他のことは何も考えていないように見える。

恐らく、ギャラリーが話をしたり、自動車のホーンが鳴っても、ほとんど耳や目に入らないのではないか。(続く)
ーーーー

太字は強調のためGreen Keeperが修飾しました。

もともと集中力の高い人っていますが、このように導入動作を手順に従って行う(ルーティン)ことで、自身の集中力を誰でも高めることが出来ます。

*1:私の場合の始動の導入はフォワードプレスです。
   これを行うことで、スムーズにテークバックを行うことが出来ます。
   また、私に限って言えば、これでインパクト時のロフトを設定しています。

尤もルーティンを行うか行わないかという選択もあるわけですが、傑出したアスリートはルーティンを使っています。

ルーティンに一番のこだわりを持つのはイチローや五郎丸ではないでしょうか。

イチローは「日々と同じことをやることが大切。心から持ってゆくのは難しいが、身体をいつもと同じように動かせば、そのうちに心がついてくる」と言っておられます。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。