パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「練習は嘘をつかない17」に続きます。

シングル入りを目指して、4年前から毎日パット練習を続ける「mizu-toshi」さん

4年間の総括を記事になさってますので、リブログさせて頂きます。



見方や評価はいろいろあると思いますが、練習を続けることで4年間で、RNDでの平均パット数は4.5減っています。(RND平均パット数は31)

これって単純に言うと、この4年間でパットだけでHDCPが4.5減らせたということですね。

この方は今はクラブHDCP=11ですが、この4年間で最も大きな成果は「パットに自信を持てた」と言うことではないでしょうか。

日頃の練習にも工夫を凝らしています。
練習マットのカップ径(Φ108)をΦ80とかΦ60にしての練習です。
(藤田寛之監修の練習マットはこのように作られています)
こうすることで集中力を高めるという考え方ですね。

そして、練習を続けているとフッと面白いアイディアや反省点が浮かんできます。
この方はそれを必ずメモにして実戦や上達のために採り入れています。

なお、練習を続けても直ぐに飽きてしまうのが人間です。
そこで、練習の成果を何時でも見えるように、データを採っています。
4年間で、マットでのカップイン率は24%UPしていると目で見えるので、練習が楽しくなります。

ショットの練習は、成果につながるのに大体1か月あればモノになりますがパットはなかなか成果に直結しません。早くて3か月から6か月。

心理的な要因も加わることもあり、練習しても結果につながらないこともあります。
この方はそれをプラトー現象と表現しておられますが、いわゆる踊り場現象ですね。
私はこれを郵便料金型(表現が古い!)と言ってます→「郵便料金表」

パットに限らずゴルフのスキルは練習を続けても、見える成果につながらない時もあります。

そして、ある時急に開眼もありますね。
開眼についてはご本人は触れておられませんが、今までに何度もそういうことがあったんです。
何時かそういうこともご本人の記事がUPされることを期待しています。

mizu-toshiさんは(失礼かもしれませんが)「練習→上達」のプロセスのベンチマークです。

目標が達成できることを応援するとともに、多くの皆様の参考になると確信しております。

あ、取敢えずこの方から盗むべきは「体幹を使うパット」かと思います。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。