パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
ゴルフのあらゆる動作の中で、最も集中力が高まるのがパットではないでしょうか。

パットは点を狙うわけですから、当たり前ですね。

緊張をし過ぎてもいけないですが、集中力は高めないといけませんね。

以前に何度も引用させて頂いた「パッティングの勝利」(芝草順二著 マサランド刊)に「コンセントレーション」という一節がありますので、要旨を引用させて頂きます。

ーーーー
パッティングはデリケートな距離勘(原文は距離感)や機械のような一定したストロークが求められるので、気が散っていると上手く行えない。(中略)

パットに慣れていても、コンセントレーションが十分でないと、距離に合った強さで打てない。

このように距離のコンセントレーションは、難しいので、アドレスしたらラインを気にするより、距離に気持ちを集中させることが大切である。

パッティングしているとき、呼吸しているのか、止めているのかあまり意識しないでストロークしている人もいるはずだが、コンセントレーションを高めるためには、呼吸を止めたほうが良い。

呼吸を止めるのは、息をひそめるように自然に止めても良いが、息をスーッと吐いてから止めた方がよりコンセントレーションを高められる。

逆に息を吸って、胸を膨らませた状態で止めると、「気合い」は入るが、リラックスすしたコンセントレーションにはならない。(続く)
ーーーー

私(Green Keeper)は、成り行きで息を止めていました。

息を一杯に吸ったところで止めるということはないですが、やってみると、吐いた時は勿論のこと、吐く途中で息を止めていることがあります。

いままで、意識したことはないですが、息を止めているのは確かです。
何方も無意識に息は止めておられるのではないでしょうか。
これは人間の本能なんでしょうね。

しかし、著者の仰る気合が入るということもやってみると確かにそうなります。
これはパットでなくティーショットには使えるかも知れない(より飛ばせるかも?)ので、試してみたいと思います。

息を完全に吐いたところで止めるのが良いということは、初めて知りました。
これも慣れないとすんなりとはいかないと思いますが、宅練で試してみます。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。