パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
#17を終わって最終組の3人が-8という激戦でした。

最終ホールで、木戸愛は下≒3m、上りのフックラインをわずかに左に外しパー。

アン ソンジュは右上≒1mのバーディーパットを慎重に決めて○(-9)。

菊池絵理香は奥ラフに外し、上≒50cmに寄せてパー。

アン ソンジュは決して良いゴルフとは言えませんでしたが、勝負ところでは外しません。
今季初Vです。
「センチュリ212015」に次いでこの試合連覇。JLPGA通算21Vです。

木戸の敗因はパットでのタッチのバラツキのように感じました。
これについては別途UP予定です。

そのために、今回の記録としておきたいのが#15(パー4)の上り真直ぐの≒2mのボギーパット。ショートして□としてしまいました。

#18での木戸のバーディーパット。上りのフックラインですがカップ左に外しています。

いずれもラインに対してタッチが弱かったということです。2つとも上りがなければ入っていたでしょうね。

しかし、木戸は元気です。
「勝ちたかったけど。大いに反省、練習して来週頑張る!」と。

パットのこの問題をクリアーしたら絶対に勝つように思います。

え、勝ってますって?!

ハイ、私も認めます。
シェラ・ブルックス@との美脚コンテスト。

木戸のほうに軍配を上げたのは私だけではないと思います(笑)。
(投票には個人差があります)

それにいつも感心するのは、木戸のボール後方からのしゃがんでラインを読むしぐさ。

両膝を閉じて観測方向の右≒45°に向けます。
ご本人は、これをライン読みのルーティンとしているようですが、これは大和なでしこならではの習慣。いつも見ていて、この清楚な振る舞いに感心しています。

この意味でも木戸に早く2勝目が来ることを願っています。

あ、アン ソンジュのパットは省略。
っていうわけにいかないですが、→「アン ソンジュのパット」を覗いてください。
これは、ご本人が語っているものですからレアですよ。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。