パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
独走態勢の武藤俊憲を追撃して、ついに逆転と言うのが日本プロの結末でした。→「日本プロ選手権2016」

TV放送の3日目、ゲストの丸山茂樹が「パットの上手い選手はアプローチも上手い。緩まないから」と呟くように解説していました。

この日も武藤を追っていた谷原も武藤も良いパットをしていました。
その二人の共通のこととして丸山はこのような言葉が出たのではないかと思います。

耳ざとく(TVだから、目聡く?!)お聴きになった方もおられます。



丸山が言いたかったのは、パットもアプローチもスイングが緩んだら、ミスもするし、距離勘も合わないということではなかったかと思います。

両者、点を狙ったプレーですね。
体の軸や体の各部の構えが、その途中で変わってしまったら、ボールの芯を捉えることができないので、距離も方向も狂いが出てきます。

そのために、プロが良く使う言葉が「緩みのない」スイングです。

体幹を使い、アドレスから、トップ、フィニッシュまで、パットとアプローチは一定のリズムでスイングすることが求められます。

特に、丸山のコメントは、話の流れから「インパクトやフォローでも右手首の角度を(アドレス時に比べ)変えないこと」を意味していると思います。
即ち、右手甲の角度をインパクトやフォローでもリリースしないことではなかった、かと。

このことはゴルフを始めたときに、教えられて、誰もが出来ています。
ところが、出来ていると思っていても、実際には出来ていなくなっていることって多いです。
「誤概念」

それくらい、ゴルフのスキルって劣化しやすいですよね。

プロゴルファーのパットを見ていて、これがいつも出来ている選手は、ツアー上位にいます。
是非、そこにも注目なさってください。
あ、いろいろなバリエーションを駆使する場合のアプローチは別ですよ。
パットでは、絶対に緩んでいないことが確認できると思います。

日本プロ選手権では、谷原秀人と武藤俊憲の手首が特に決まっていた(動かなかった)ので、丸山がそのことを指摘したかったのだと思いながらTVを見ていました。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(1)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。