パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「1mのパット」「2mのパット」に多くの方からコメント頂きました。

皆様(あ、私もです)、ショートパットに悩みを抱えておいでのようです。

百戦錬磨の「kisho shen」さんからも「(理事長杯で)ファーストパットはビタビタ(寄る)、残り40~50cmを外しまくった」とコメントを頂きました。

これはパッティングスキルの問題ではなく、心理面の問題のように思います。

で、「パッティングの勝利」(芝草順二著 マサランド刊)の最終章にある「ショートパットの心理戦略」から省略して引用させて頂きます。

このシリーズを最後までお読みなる方は、ショートパットを外すことがなくなる(笑)と思います。
いや、真面目な話、外す確率を激減できるように思います。

ーーーー
パッティングは、ストロークの技術よりメンタルが重要であるという人が多い。

中には、メンタルのウエイトが90%を占めていると言う人さえいる。
これは、上手なストロークの技術を持っている人でも、大事な場面で不安があったり、集中力が欠けていたり、プレッシャーがあったりすると持ち前の技術を発揮できず、必ずミスパットを招くからである。(中略)

プロが勝てるかどうかは、結局精神力の問題なのである。精神力の強い人が、普段の実力を発揮して好スコアを出せるのである。

これはアマチュアにも言える。練習場では良いショットを連発するが、コースに出ると好スコアを出せないという人がいるが、たいがい精神面に問題がある。

従って、ゴルフは、技術の練習だけではスコアを良くすることは出来ない。

普段の力を発揮できるような精神面の強化が必要なのである。

精神面を強化するには、経験も必要であるが、近代的な臨床心理学の方法やヨガや座禅などの東洋的な精神のトレーニング方法が有効である。

取り分けゴルフは、メンタルなスポーツと言われているので、精神のトレーニングの必要性が最も高いはずである。

精神の重要性について、ツアープロは次のように語っている。

アンディ・ビーン「パッティングの鍵は自信だ。自分がヘタだと思うようになったらおしまいだ」

ビリー・キャスパー「大事なことは、自信とコンセントレーションだ。この二つを欠いたら、どんな素晴らしいテクニックを持っていてもダメだ」

ジャック・ニクラウス「上手くなるためには自信を持たなければダメだ。どんな素晴らしいストロークをしていても、入ると信じなければ球は入らない」

ボビー・ジョーンズ「リラックスしていれば、最小限の努力で球をステディに打つことができるし、スタンスやストロークに拘らずにストローク出来るので、パッティングの最大の目的である球をホールに入れることを達成できる」

以上の言葉からわかるように、パッティングの精神面で大切なことは、「自信」「コンセントレーション」「リラクセーション」である。

恐らくどのようなゴルファーでもこの三つを強化すればショートパットの失敗がなくなり、1ラウンドで数ストロークのスコアを短縮できるはずである。(続く)
ーーーー

太字部分は、強調のために私(Green Keeper)が追記しました。

という訳ですから、これに続く「自信と不安」「プレッシャーと緊張」「コンセントレーション」について引き続き紹介させて頂きます。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(31)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。