パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「低く長く出せ1」に続きます。

ーーーー
また、球を左に置き、インパクトで左肩を上げるとアドレスでロフトをゼロにしていても、インパクトではロフトが少しついて来る。

従って、アッパーブローに打つとロフトが付くので低く長く出せば、ロフトが減り丁度良くなる理由にもなる。

オーバースピンをかけて打つときの心構えとしては、左肩を上げて打つようにすることが大切であるが、このほかに「転がすように打つ」という気持ちも大切である。

転がすように打つと、自然にインパクトで手を先行させてハンドファーストにし、遅れたヘッドで球を引くような感じの動作になる。

往々にして打とうとして手首を使ってハンドファーストを崩しやすいが、転がすように打つとハンドファーストのまま打てる良さがある。

従ってころがすようにうつと、打つという感じが弱くなり、腕がスムーズに出てソフトなタッチでストローク出来る。

最近スムーズにストローク出来ないと感じている人は、転がすつもりで打てばスムーズさを取り戻すことができる。

ベン・クレンショーは、パッティングの名手であるが、彼のスムーズでソフトなストロークの秘密はロフトをゼロにして転がすように打っているからである。
ーーーー

手前味噌になりますが、「低く長く出せ1」で紹介した、「理想の打撃条件」と同じことを言っておられます。

P・ミケルソンも大きなロフトのパターを使うパットの名手ですが、ハンドファーストの度合いを世界一大きくしてストロークするので、実効ロフト(インパクトでのロフト)は殆どゼロです。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。