パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
イ ボミは「(サポートしてくれる多くの皆さんへ)感謝を込めて、ロボットのようにプレーするだけ。周囲が素晴らしいから、良い成績になる」と仰ってます。

また、朴ジュンオンは「勝つことを意識から外す」ことで初Vにつなげました。

私(Green Keeper)は「ゴルフは心の格闘技」を信条にしています。
何方も仰るように、ゴルフは最も心理的影響の強いスポーツだと思います。

「ゴルフは心理学のゲーム 言葉で惑わされないように」という一節が「ゴルフレッスンの神様 ハーヴィー・ペニックのレッド・ブック」(H・ペニック、B・シュレイク著 本條強訳 日経ビジネス人文庫)にあります。

あるスポーツライターから「あなたは、まるで精神科医のようだそうですね」と聞かれて、それがトム・カイトにパッティングのことを聞かれた時のやり取りに起因していると分かるのですが、それはトミーに対し「パターをチョーク(締める)するなどと言う言葉を使ってはいけない」と。

そしてパターは「締め付けるのでなく、握り込むというふうに考えなさい」と答えたので、トミーが精神科医のようだと表現したわけです。

で、この節の前半は割愛し、後半を略して引用させて頂きます。

ーーーー
ゴルフで使う脳の部分は特に繊細で、他人の意見に影響されやすい。ゴルファーは騙されやすい。

私は教え子たちに、パターの上手な人たちと食事をしなさいと言います。

何かとあなたを惑わせて、負かそうとするプレーヤーはどこにもいる。
ティーグラウンドで、無邪気な顔で「左は狭いなぁ、あっちに行かなければ良いんだけど」とか「バックスイングを変えたんだね、ハーヴィー」とか。

私が聞いたなかでは、次の言葉が最高だったかも。
「バックスイングするときは、息を吸っているか。それとも吐いているかい」

こういう発言を「ザ・ニードル(針の一刺し)」と呼んでいる。

(中略)

ゴルフをプレーすることによって、ある種の瞑想の仕方を覚えることができる。

コースを回っている4時間に、あなたはゲームに集中し、雑念を一切追い払うことを覚える。

ゴルフは、もしかしたら、精神科医よりも多くの人を正気に保ってきたのかもしれない。

ーーーー

で、集中する方法については触れてないんです(笑)。ゴルフをプレーすることで誰でも夢中になるので、レッスンの神様もその必要性はないと考えられたようですね(笑)。

それについては「グリーン・ブック」でも触れられていません。「精神的ゲーム」という一節はあるのですが、、、。

スポーツでは「心技体」と言いますが、山本昌(野球評論家)さんは重要度から言うと「体技心」と仰いますが野球を想定しての言葉と理解します。
ゴルフでは、重要度からもそのものずばり「心技体」ではないでしょうか。

ゴルフに限らず、イチローや五郎丸はそれぞれ固有のルーティンを採用することで、精神統一を図っています。やはり、ルーティンは心理的な影響への対処(集中力を高める方法)だと思います。

我々は、ルーティンを採り入れることで、1打1打に集中することが、自分(邪念)や外部からのノイズに影響されないゴルフに通じるのではないでしょうか。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。