パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「2mのパット2」に続きます。

ーーーー
上りや平坦なラインの場合、カップを30cmオーバーするようにしっかり打たなければならないのに、しっかり打てずカップの直前で止まったり、曲がったりして入らないことはよくある。

このようになってしまう原因は、プレッシャーで手が動かなくなること、速いグリーンに慣れていて弱く打つクセがつくこと、その人の性格と言ったことが挙げられる。

このような打ち方にならないようにするには、カップとその先30cmを頭に浮かべ、カップに向かって打つことに集中することが大切である。

これに対して、スパットを通そうとしたり、インパクト前後のフェイスの向きをスクェアにして打とうとすると往々にして距離より打ち方が第一になって弱くなりやすい。

しかし、下りの曲がるラインだけは、強く打ちにくい。

これは強く打って1m以上も外すと、再び曲がるラインになるので今度も外しやすいからである。

但し、ほぼ真っ直ぐな場合は、たとえ外しても次が入る確率が高いので、真っ直ぐ打つ技術を持っていう人は強く打っても構わない。

また、下から打つ場合は、1m強離れていても、易しいという気持ちがあるので自信を持って打てることも入る確率を高めてくれる

なお、1mの場合は、入る確率が高いので曲がるラインでもほとんど曲りを考慮せず、強く打つ人もいる。

これは普通に打って外す確率と強く打って3パットする確率を天秤にかけて判断したものである。
ーーーー

1mで流すように入れる場合、転がりが遅いので、ライン上の思わぬ影響を受けやすいですね。

それに、1mのパットでショートしたら、自分が情けなくなります。

ですから、1mはやはり強めに取り組むのが(たとえ3パットになったとしても)正解と言えます。

とは言うものの、青木功でも「1mは難問。世界中で誰も解いたものはいない」と仰っています。→「1mは難問」

あのパットの神様と言われる青木功でも解けてない1m。

我々も安心してミスしましょう(笑)、じゃなかった、永遠の難題に挑戦を続けましょう。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。