パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「1mのパット1」に続きます。

ーーーー
また、このように思っても失敗することがよくあるが、そういうときは、良い勉強をしたと思って気にしないことが大切である。

また、どんな名手でも時にはショートパットを外すものだと思って、自分を否定的な感情で見ないようにするのも良い。

入れたいと思って失敗し、落胆するのが一番良くない。

落胆しやすい人は、入れたいと思うよりベストストロークをすれば結果としてカップインするのだというように、前段階のストロークの方に注意を向ける心構えもある(*1)。

これも心の負担を軽くしてくれる。次のショットにも影響しない。

ベストストロークをするのだと言う気持ちでパッティングに望み(臨みの誤字でしょう)成功している人は少なくない。

アプローチが1mに寄ったり、第一パットを1m残したとき、1m残したと思うのと1mについたと思うのではまったく違う。

1m残したと思うのは、外す恐れもあるのでイヤだなと多少不安がある精神状態を表している。

1mについたと思うのは、ロングパットやアプローチが結構上手く行って1mに寄せられた。

よしこれを打って入れようと積極的な精神状態にあることを表している。

後者のときは、気分を良くしているので失敗の不安が起こらず、伸び伸び打てるため失敗しにくい。

従って、本当は誰でも難しいと感じる下りの曲がるパットにつけたときでも、入る確率が高い1mについたと思うようにして、失敗の不安をなくしたほうが良い

パッティングは、不安が一番の大敵で、不安がるとスムーズに打てなくなり、失敗しないはずのパットでも外してしまう。
ーーーー

*1:とは言うものの、なかなか素直にこのように考えられないのがゴルフでの緊張のショートパットですね。

そこで、カップインの4条件に戻ることにしています。
それは
1.真っ直ぐに転がり出させる再現性の高いストロークが出来ること
2.正確な距離の把握(距離感)
3.曲りの読み           (2と3は相関)
4.正確に距離を実現できること(距離勘)

1は日頃の練習で鍛えてある!と、思う(笑)
2は歩測して傾斜などを加味すればほぼ正確だ!
4は日頃からやっている変動基準法でほぼ正確!
3のみが変数だけど、これは決断したのではないか!

1.2.3.4.は一般論としてのカップインの条件ですが、1mでは3も強めにすればかなり変数として小さくできます。スタート前に1mを8方向から入れるドリルもしていれば、傾斜と曲りの関係もほぼ把握できています。

ミスしたら、それは想定した以上に曲りがきつかったとか、砂粒に蹴られたとか、原因が明確になりますので、後に引きずらない、ということになります。

前回の記事「1mのパット1」で、緊張時にはグリップ圧を下げることをUPしました。

しかし、プロを目指して取り組んできた「ミッシェルパパ」さんは多くの修羅場を潜ってきただけに違いますね。

この1mが勝負のパットという時には、やはり手が震えたと仰います。

そして編み出したのが緊張の場面でも使えるグリップの仕方。
秘蔵の技術です。

あ、これは私から公開するわけには行きません。
興味ある方はご本人にリクエストなさってみてはいかがでしょうか。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。