パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「禅パッティング」(J・ペアレント著 塩谷紘訳 ベースボールマガジン社刊)はタイトルがスポーツ教本らしくないので、とっつきにくいとお考えの方もおられるようですが、私は名著の1冊に数えることができると考えています。

著者は心理学者。
読めば読むほどに(オーバー?!)、ゴルフを続ければ続けるほどに、著者の真意に近づけるような気がします。

その「違和感を苦にしない精神を」という一節から、略して引用させて頂きます。

ーーーー
私の生徒たちはよく「何かしっくりきません」という。

それに対して「前にやっていたのは”しっくりきていた”かも知れないが、それによってどんな結果に甘んじることになったか、よく考えてみたまえ」と私は答える。

しっくりこないという感情は、それをすること自体が間違っているからではないかと案じる気持ちから起こる。

より楽に変化に順応するためには、違和感を覚えること自体が学習の一つであることを承知しておくと役に立つ。
私は生徒たちに、より素晴らしいスイングをすることの合理性を説明し、全てのゴルファーは上達するために、違和感は承知の上で、新しいことを進んで試す意欲を持つべきであると説いている。

新しいグリップ(握り方)で2度ボールを転がしただけで、「これは無理です。このグリップでは楽にパットできません」などというゴルファーを私は見てきた。

そういう場合、殆どのゴルファーは違和感を味わうのだと指摘し、もし自分のパッティングに何らかの変化を期待したいのなら、好結果をすぐに求めないで新しいグリップでしばらく練習してみてはどうかと提案することにしている。

新しいものに取り組む場合は、自分で馴染んできたことと異なった感じがして当然であるという事さえ承知しておけば、より早く慣れるものだ。

重要なことは、あらゆる変化には違和感がつきものだという点である。

「新しいことに挑戦しているのだから」と自分に語りかけることで自信が生まれ、決して間違ったことはしていないという確信が生まれる。

違和感があるのは、何か新しい形ーーつまり、自分が本当にやりたい方法ーーでやっているからであり、完全に慣れるのは単に時間の問題なのである。
ーーーー

言ってしまえば、ゴルフは全て違和感のカタマリですよね。

人類の進化の過程で身につけてきた身体機能・動きとは異なった動きを求めるのがゴルフです。

でも、ゴルファーならスイングやパットの動きを最初は違和感を強く感じながらも、身に着けてきて今があるわけですね。

そのゴルフの質を更に高めようと努力するわけですから、いろいろな違和感を感じて当たり前。

違和感を感じたくないというのであれば、そのゴルファーの質の向上は諦めなければならないということを著者は言いたかったのかな、と思います。

但し、身体特性ということもありますから、その特性に合った取り組み方も遠回りをしないために効果があると思います(ex.4スタンス理論)。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。