パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
3打リードの首位で出た姜 秀衍でしたが、この日はショットに冴えがなく、アプローチを寄せて(と言っても、ベタピン寄せたのは少ない)パットで凌ぐゴルフで逃げ切りました。

この日は1△で通算-11。
2日目に爆発した(8○ノー△)の貯金が効きました。

姜が△とした(#16パー3)時点では前を行くイ ボミと首位に並んでいましたが、イ ボミが#18(パー4)でティーショットを右ラフに入れたため、第2打はオンしたものの手前ギリギリ。
ここからの長いパットは最後に左に落ちてゆき、左≒1.5m。この返しを決めることが出来ずに△。

姜の#18は第2打を奥カラー。下りの長いパットは≒2mオーバー。
これの返しを入れてVが決まった喜びでグリーン上で飛び上がっていました。

1打差の2位はイ ボミ、吉田弓美子、青木瀬令奈でした。

姜は「スタンレーL2013」に次ぎ、JLPGAは2勝目です。

この過去ログでも書きましたが、姜のパットはとても転がりがいいですね。
以前、目の当たりに練習風景を見たのですが、その理由を読み取ることはできませんでした。

ベテランの割りには前傾があまり深くなくアップライトに近いセットアップをしています。

一般に若手はアップライトの構え、ベテランになってくると前傾が深まる(典型例が渡辺司)ように思いますが、この日に活躍していた若手の青木 瀬令奈や堀琴音は前者の構えです。

姜はベテラン(レジェンド!?)ですが、どちらかというと後者よりも前者に近い構えです。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(1)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。