パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「ヨネックスL2016」で≒50cmのパットを左に外してVを逃した上田桃子。

レバタラの話ですが、VのP・チュティチャイとの賞金差額は¥6.3Mですから、まさにパットイズマネー。

で、あのパットを外した時のご本人の顔つき。まさに想定外、という面持ちでした。

ご本人は外した原因が分からなかったという印象です。
なので、(パットの不安を残したままの上田に比べ)プレーオフはチュティチャイ有利とUPしました。

こういうことって結構ありますね。
「引っ掛けてないのに」左に出るということは、知らず知らずのうちにストロークに癖がついてしまったのが原因でした。これはストロークを本来に戻せば治ります。

でも、今回の上田のように原因不明に左に出る。
ご本人も(TVで見ていても)引っ掛けていないつもりなのに、50cmが左に出る!。恐怖です。

このようなプチ引っ掛けにも原因はあります。当たり前!と叱られそうですが、、、。

1.フォローが左に出る
  これは上記過去ログの通りです。

2.フォローが速い
  ダウンから速いストロークは「真正」引っ掛けですが、、、(笑)。
  インパクトまでは自分のリズムでストロークしていても、
  何かのきっかけでインパクト近傍で速くなってしまうストロークの場合にこれが出ます。
  テークバックよりもダウン~フォローはゆっくりとストローク(のつもり)すると解消。

3.頭が動く(ルックアップ)
  初心者は頭が動くと右に外すことが多いですが、
  ベテランは(芯を捉えているので)左へ外す例が多い。
  ルックアップせずに、カップインは「左耳で聞け」と昔から言われています。

4.肩(或いは腰)のラインが非スクェア
  肩のラインは視界に入るので、誰もがスクェアに構えられます。
  腰(尻)のラインは自分で見えない。
  意識がカップにあるので、腰もカップを向いてしまうのでしょうか。
  壁の前で後ろ向きにアドレスの姿勢を取り、左右の尻が均一に壁に当たることでチェック。

今回の上田の例はどれでしょう。
TVで見た範囲では2の一部と3の一部と4の一部が重なったのかな、と。
ご本人はこれらのことをいろいろとチェックなさっておられると思います。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。