パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
P・チュティチャイはパット名手とは言えないです(今期これまで)が、この試合はパットで勝てたと言っても過言でないと思います。

JLPGA参戦5年目ですが、先週のリゾトラでは首位争いに加わり、俄かに存在感を高めてきました(2位T)。

この日は2位に4打差とリードの首位発進でしたが、苦しい展開で、この日は2○3△と1打落としての-10。
先にホールアウトしていた上田桃子とのプレーオフ(P.O.)となりました。

しかし、この時点で#18(パー5)を使ったP.O.では上田よりもチュティチャイが有利とみておられた方が多かったと思います。

なぜなら、本戦でのチュティチャイは厳しい試合の流れの中で、アプローチとパットで凌ぎ続けてきたからです。

一方の上田は#15(パー4)の≒50cmのパーパットを左に引っ掛けて△にしています。

ご両人とも今日のパットのことについて相手の状況は知らなかった訳ですが、チュティチャイは2m前後のパットをことごとく決めていましたから、パットに関しては上田は不安、チュティチャイは自信を持ってP.O.に臨んだのではないでしょうか。

即ち、チュティチャイはそこそこ寄せられれば次は決められるという心境だっとのでは、と思いました。

で、P.O.1ホール目は互いに○。2ホール目も引き続き本戦と同じピン位置でした。

上田は手前ラフからの第3打を下≒5mにオン。バーディーパットは届かず下≒20cmでパー。

(本戦でも上田のパットは殆どショートでした)

チュティチャイの第3打は花道からですが、(普通は転がしを使う筈ですが)高いアプローチショットで上≒1mへON。これをしっかりと決めて○。

チュティチャイは日本ツアー初Vを手にしました。

さて、チュティチャイのパット。

ボールのナビラインを打ち出し方向に合わせ、比較的に深い前傾。

これは短めのパターを使用するので、自然に前傾が深くなるんだと思います。

そして何よりも良いのは、この前傾姿勢が全く崩れないことではないでしょうか。

そうです、イ ボミのようなストロークですね。イ ボミは前傾は深くないので、目立ちませんが、、、。

今回、イで目立ったのは○ネ。いつもかなりタイトにしていますが、今回はゆったりと。
カット、カット。
これ以上触れると○ロおやじと言われそうなので、、。

チュティチャイは最近になってパットで開眼でもしたのでしょうか。
この試合を見ているとパット名手のように感じます。

初日にはコースレコードの-9(1◎7○ノー△)も出していました。

もっと練習してこれからも勝ちたいとのことですので、パット練度の行方にも期待したいですね。

30歳ですが、小柄だしスラッとしているので、遠目には若く見えますね。
カット、カット(笑)。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。