パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
首位で並んで出た永峰咲希、鈴木愛、酒井美紀でしたが、永峰と酒井が崩れ鈴木が逃げ切るのかと見ていましたが、ゴルフはそう甘くない。

1打リードでの#18(パー4)で、FW左サイドからの鈴木の第2打は奥にこぼれて、池の石垣の岩が邪魔になるくらいのラフ。クラブが斜面で抜けないので、1組前の上原のように高く上げることができずに右下≒10mまで転がりました。これ以外のショットの選択肢はなかったですね。

鈴木はこれを1m弱まで寄せての2パットで△(-9)。

藤本麻子、上原美希との3人によるプレーオフ(P.O.)という展開になりました。

1ホール目、バンカーに入れた藤本はピン下≒2mに載せましたが、鈴木は下≒4mからの弱スライスラインを得意のパットで決めてガッツポーズの○。
右下1m強に載せていた上原もこれを決めて○。

ピン位置が右に変わった2ホール目は上原と鈴木の戦いとなりました。

先打の上原はピン右下3m弱に載せたのに対し、後打の鈴木の第2打は左下のラフから上手く右に転がりカップ左約15cmというラッキーなショットになりました。

これを楽々入れて○とした鈴木に対し、上原の強めに打ったパットは左を抜けました。

P.O.では#18で奥からピンに当ててパーとした上原が気分的も有利な展開になると私は見ていましたが、もう1歩及ばずだったですね。

鈴木愛はこれで「日本女子プロ2014」に続きツアー2勝目。

この日ショットがイマイチだった鈴木ですが、パットの上手さで勝ったという印象です。

P.O.1ホール目の下からのパットはその典型ですね。

私は見ていませんが、前日の#5(パー4)では≒15mのバーディーパットを≒5mもオーバーさせたものの返しを入れてパーだったと報道されています。

この試合、パットが好調(*1)で「オーバーパーをたたくイメージがない」と言ってましたから驚きです。
昨年のこの試合で鈴木は失格(ペナルティー2打のところを1打と誤記提出)の憂き目に遭っていましたから、その喜びは一入であろうと思います。

上原は未勝利ですが、良いゴルフをしていました。
近いうちに初Vを手にできることを期待しています。

永崎は最終日最終組は初めての経験か、乱れてしまいましたが、良いパットをしていましたので、これまた今後に期待しています。

*1:鈴木の平均パット数は現時点で1.7584(柏原明日架に次いでランク2位)。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。