パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
ショートパットで引っ掛けてない(*1)のに左に外すという厄介な現象が出て、悩んでいました。

引っ掛けなら原因ははっきりしてますので、スコアはロスするものの悩みはしませんですが(笑)。

宮里聖志は「フォローを出し過ぎるとインパクトでパターのフェース面が変わることがあるので気を付けている」と仰ってます。→「感覚を大事に」

ショートパットですから、フォローを大きく出すこともないのに、左へボールが出るのですから、やはりストロークに問題があるのかな、とはうすうす感じてはいました。
しかし、長いパットでは真っ直ぐに出ているので、自分の考えを否定してみたり、、、。
若さからか、悩みがつきない、、、(嘘)。

で、先日UPしたMLAのウイングに尻尾を付けた図2(←「5mに当らない」)を使っているときに分かりました!

普段、フォローでヘッドが真っ直ぐに出ているなんて意識していないんですね。

真っ直ぐにストロークするという課題を持っていたころは、自分自身やほかの方にチェックをしてもらって(ぼろくそに言われたりして)真っ直ぐにフォローが出るようにやっていましたが、もう長いことこのことを意識したことがなかったわけです。

たまたま、5mのボール当て転がしをしていたら、ボールは真っ直ぐに出ているのにかかわらず、ヘッドがフォローで返っているのがチラリと見えました。

宮里聖志はこのことを言っておられたんですね。私はロングパットではフォローでフェースが被っても距離勘が合えばそれで良しなんですが、プロの感性はそれを許さないんでしょうね。

しかし、ショートパットでも若し、このような傾向があるんだとしたら、カップインするわけないですよね。

で、やってみました。ショートパットでもフェースが少しですが返っています。

床練で繰り返し、2mのボール当てをやってみたところ、そのままでは左に外す確率が≒30%
もあった!(2mで左に外したのでは、精神的にもダメージが大きいですよね!)

たまたまかも知れませんが、現場での傾向を振り返るとこれは大問題。

そこで、意識的に(原点に戻り)振り子式のストローク、即ち肩の上下動でストローク。
フォローでは肩が左に出ないように意識してストロークしてみました。

はい、バッチリです。

知らず知らずのうちに、ストロークに変なクセが生まれていたことが分かりました。
いろいろな練習器具がありますが、時々チェックする必要があることを思い知らされました。

パットに限らず、ゴルフでは完璧に出来ていたスキルが知らぬうちに劣化するのが常、と思うようになって久しいですが、こんな場面で自分の劣化を知らされるなんてショックでした。

しかし、原因と対策が得られ、ストレスが解消しました。

そういえば、藤田寛之は「右(テークバック)は考えないで左(フォロー)のことばかり考えている」と強調しておられますね。→「王様の流儀2」

*1:引っ掛けという定義は明確でないようですが、一般に引っ掛けとはダウンからフォローにかけての行程で、(トップで間が無く)そのいずれかまたは両方が、日頃の自分のリズムから逸脱し、テンポが狂うことで、フェース面が左に向いてしまい、ボールが左に転がってゆくこと、と理解しています。
 今回の事象はそういうことがないのに、左にボールが出たので気持ち悪かったというものです。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。