パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
1打リードして首位のイ ボミが昨年(→「ほけんの窓口2015」)、一昨年(→「ほけんの窓口2014」)に続き3連覇があり得ると思った方は多かったと思います。私もそう思っていました。

そのイがスタートホールを△として早くもこの日の混戦を感じさせました。

2打差の3位から出た申ジエが逆転のV。
今期初VでJLPGA通算11Vとしました。

2打差の2位はキム ハヌルとイ ボミ。更に4打差の4位にはフェービー・ヤオと笠りつ子でした。

終盤でこの試合の流れを決めたのはやはりパットでした。

#15(パー4)で最終組の3人はともに△にしましたが、イ ボミの右下≒2mのパーパットは惜しくも右を抜けました。ストロークがいつもよりも速かったですね(△)。

解説の樋口久子が「スイングが速かった」とコメントしていました。

イ ボミのパットも決して悪くはなかったですが、こういう場面で決めるのが申と言えます。

申のパットはプレーも遅いですが、ストロークも遅い、否ゆっくり。
このテンポがいつも変わらないですね。
だからストロークに淀みや焦りがなく、結果的に再現性の高いストロークと言えます。

この時点で申(-9)、イ(-8)、キム(-7)。

申ジエはこの後の#16(パー3)でも左≒3mにオンしてこれを決めています○(-10)。

レバタラはご法度ですが、イ ボミが#15のパーパットを決めていれば、その後の展開が変わったのではないかなと思いました。

申ジエは、韓国賞金女王(2007年)の上、LPGA賞金女王(2009年)ですが、JLPGAの女王の座も圏内に入った勢いですね。
昨年は「サイバーエージェント」「ニチレイ」「リコーカップ」の3Vでした。

今期も活躍しそうです。

あ、新人の沖せいら。
2日目のインでパット総数=7。
これはツアー9ホールでの最小パット数新記録だそうです。
#11は直接カップインの◎、#16ではホールインワン◎でしたからパット数はゼロ。
残りの7ホールはすべて1パットという素晴らしいパットのパフォーマンスでした。

5位Tからのスタートでしたが、この日はスコアを崩し(+6)、24位Tに終わりましたが、頼もしい選手ですね。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。