パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
新しいコンセプトのパターがまたまた登場しています。

1つ「Dさん」が紹介しているDirected Force Puttersです。

Dさんはどういう原理?と謎かけしていらっしゃいますが、これはシャフトの中心に対して円中心の重心があります。記事の中に入って頂くと動画があり、面白いデモンストレーションが見れます。

このデモから円中心であることが分かると思います。

フェースバランスやトルクバランス等いろいろなコンセプトのパターが出てきています。
故にGreen Keeperは忙しい(笑)。

これもぶれずにストローク出来るという概念のパターですね。

もう1つは「MLA concept」というパターです。

「やきそばパンZさん」が紹介しています。
MLAとはMultiple Line Detector Activationの略だそうです。

当該記事から引用させて頂くと、
「人間の脳には10万本もの線を嗅ぎ出すセンサーがあって、そのセンサーはいくつかのグループに分かれている。
それを複数本呼び起こしてやることにより、真っ直ぐというのを認識しやすくなる。
そしてその複数本の直線をアライメントに活かして、実際のストロークを行うときに真っ直ぐな動きをする助けをしてくれるように緻密に設計されたのが図の白い形」だそうです。

この形、昔良く遊んだ、ゴム動力のプロペラ飛行機の主翼によく似ていますね!(笑)。
なので、以降この形を仮に「Main Wing」と呼びます。

早速使ってみました(嘘)。
残念ながら手に入らないので自作って言いたいところですがこれも嘘。

WEBから図形部を厚紙にコピーして切抜き、それを私のパターのフランジ(背面)部に貼り付けました(笑)。

やってみたところ、なかなか良い。

5mのパット
肩の上下動によるストロークとは言え、確かに真っ直ぐにヘッドが出る。良いな、って感触。

2mのパット
2m先のボールに当らない!困った(笑)。

原因が分かりました。
開発コンセプトの通りに私が使わなかったからです。

何故、2m先のボールに当らないか。
これは視覚情報を得たうえで、体がそのように動くべく、脳を制御装置としたフィードバック制御ループを働かせるというコンセプトのパターです(*1)。
2mをストロークした時には(5mで味を占めて)、ボールの方を注視してしまい、main Wingを見なかったことが原因のようです。

その後は上手くゆきました!(笑)。

但し、Main Wingは注視するというよりも、少し漠然と見たほうが全体的なストロークはスムーズに行くように思いました。

以上は全て私(Green Keeper)の私見です。
考え方や評価は人それぞれであることをお含み下さい。
なお、これらのメーカの回し者でもありません(笑)。
って、提供されれば使いますが、、、(爆)。

*1:「asupapa910さん」の記事「ハンドアイコーディネーション」にあるように、ゴルフでは自身の体の中の制御機能が働きますが、それも目標(普通はボール)の目視情報が常に得られての実現です。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。