パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
パットは打つのではなく転がすものだというのが私(Green Keeper)の主張ですが、パットは押し出すものだとおっしゃるのは増田伸洋です。

日経新聞マイゴルフ(日付忘れた)から大意を引用させていただきます。

ーーーー
握りはずっと逆オーバーラッピング。

スタンスは肩幅よりも少し狭いぐらいに構え、テークバックとフォローを手稲にに取っている。

球を「打つ」のではなく「押し出す」イメージだ。

この感覚をクリアにするために、フォロースルーのほうをやや小さい振り幅としている。

ボールの位置は左の眉の上、おでこのあたり。いろいろ試行錯誤した中で、私にはこのポイントが一番フィットすることに気が付いた。

ショットと同様、この時もボールを見つめることはない。一点を凝視すると、体が固まってしまうためだ。

肩と腕、グリップで作る五角形を保って、という指導法もあるが、そんな細かいことは考えたこともない。

大事なのは腕を使わず、肩と背中の筋肉を使って打つこと。
腕に意識が向くと無駄に手先が動いてしまい、方向性が定まらなくなるものだ(*1)。

他のクラブと同様にパットも軸を感じることが肝要で、調子が悪くなると、私は両足をピタッと閉じて打つこともある。軸をイメージしやすくなるのだ。

ラインの読み方のコツをよく聞かれるが、こればかりは経験を重ねるしかない(*2)。

むしろ、狙った場所に届ける距離勘(原文は距離感、以下同じ)を磨いたほうが上達の近道だろう。

片山晋呉君は右手でボールを投げるようなしぐさで距離勘を測っている(*3)。
私はボールと正対して何回か振って測る。
その後、パットのスタンスに移り、カップを一回見て、スッと打つ。

ここで何度もカップを見てしまうと迷いが生じやすくなるもの。
さほど難しくない距離まで外してしまう。

パターは自宅にマットを置けば毎日でも練習ができる。

自分にとって気持ちよく打てるグリップやボールの位置はどんなものか、ジャストタッチで打つのか、カップをオーバーさせるのか。

1日10分でもいいからクラブを握って感覚を磨いてほしい(*4)。
ーーーー

*1:よく言われますね、OBへ打ってはいけないと思うとOBになる、と。
   人の脳は否定形を理解できないので、OBはXがOBと解釈されて結果もそうなる。
   手の動きを意識すると、過剰に反応して余計な動きが起きます。
   「曲がらないで」なんて意識しないことが大切です。

*2:ラインの読み、エイミングの技術というのは劣化しないのが特徴。
   経験を重ねれば重ねるほどうまくなります。

*3:片山は今でもやってますね、これを。
   アンダースローで転がすしぐさの、アレです。

*4:グリップするだけでも違うとおっしゃる方もおられますね。
   そんな時間もないという方は、イメージするだけでも良いでしょうね。
   満員電車で新聞も読めないんだったら、ストロークのイメージを膨らませましょう。
   直ぐに目的地に着きますよ。降りそびれても責任は持てませんが(笑)。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。