パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
シングル入りを目指して毎日パット練習に取り組んでいる「mizu-toshi」さん。

その成長ぶりは、何度も紹介させて頂きました。
直近は→「練習は嘘をつかない17」

長いこと(半年も)パット練習の記事をUPされていなかったのですが、その理由はPCからのデータ消失だったそうです。
仕事でもそうですが、これって本当に泣きますよね。

と言ってる私は、昨夜の23時に7→10のup gradeを設定してありましたが、無事更新できたかな?  ファイルは軽くしてたので、頼みますよM社さん!
(閑話休題!)

記事を参考にしながら、私見を述べさせて頂きます。

カット軌道からストレートへ
ゴルフを始めると、右利き右打ちの方は殆どがカット軌道です。
私もこのことが気になっていろいろとパターのせいにしたりしてころころと変えました。
今ほどいろいろなツールやフィッティングの情報のなかった時代ですからしゃーない(笑)。

ストレートの軌道を行う(*1)のであれば、お手元のRossa monza Spiderで良いと思います。

いずれはドロー回転を目指して球足のよい転がりを目指すそうですから、その時にはお手元のピンタイプのオデッセイホワイトホット#1にということになろうかと思います。

熱心に宅練をなさっているので、日頃はどちらで練習するということも大切と思います。

私の悪い経験事例は、日頃はピン型で練習し、現場ではマレットを使ったことです。
練習グリーンでカップを狙うと右に外します。
慣性モーメントのことは昔から承知していましたが、ここまで違うんだ、って。
実はこれは某先輩がこのような練習をやっていると聞いて猿真似をしてしまったわけです。
その方は現場で引っかけることが多いのでそういう宅練をしていたということは後から聞きました(後の祭り!)。

ドロー回転でパットする「道具屋」さんの動画を繰り返して視ることも良いと思います。
このことの大切さについては「ミッシェルのパパ」さんがセルフレッスンで強調されておられます。

因みに私(Green Keeper)流は、出だしからトップスピンでのストレート軌道。
ここに至るまでゴルフ始めてから(打撃条件の発見までに≒10年、それを実現するストロークの考案までに5年)≒15年かかりました。

パターをころころと変えるのはお勧めできません(*2)。
(ショップの方ごめんなさい)。
J・ニクラウスもパターは変えないほうが良いと。→「パターを変えない」
と言ってる私は最近マレットを買い、エースにするつもりでいます(笑)。

パターを代えたり、ストロークをいじると一時的にパフォーマンスは落ちます。
それをパターのせいにするのは、パターにとって濡れ衣です。
変えると気分も一新するので、新車効果が出ますが、それは数ラウンドであることは私が十分に経験しています(笑)。

時間がかかるかもしれませんが、必ず良い結果につながるよう、継続して練習なさることを願っています。

*1:カット軌道の初歩的段階は、テークバックを外方向に出してしまうことです。
   真っ直ぐに引くことについては、OCNブログ人にUPしてあります。
   大昔の記事なので、今更なのですが、リクエストあれば再現します(笑)。

*2:専門家の「D」さんが素晴らしいアイディアを提案されています。
  →「フィッティングパター」
   こういうのが早く商品化されると良いですね!
   
いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。