パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
#16(パー4)ホールアウト時点では片岡大育が逃げ切る思ってました(この時点で金庚泰とは2打差)。

前日からショットもパットも快調だったし、#15(パー%)では右奥ラフからの難しいラフからのチップインで○。ついてもいました。ここまでは。

この時点で金は「勝てない」と観念していたそうです。

3打、4打のリードがないと、ここ(和合)は分からないと言われてますが、今回も再現されてしまいました。

難関の#17(パー3)で片岡にミス(「悪い癖が出た」と)。
ティーショットを左カート道まで曲げ、リカバリーは右のバンカー。
第3打でやっと乗せての2パット(□)。

これで金に並ばれました。

こうなると「鬼」の金の回生ですね。

プレーオフでは完全にパットが明暗を分けました。

片岡はバンカーから奥(上)≒1.5m。キムは手前≒1.5m。
ともにラインはほぼ真っ直ぐな下り。

わずかに長い金はこれをほぼ真ん中から入れたのに対し、片岡のボールは左をかすりもせずに抜けました。

二人のパットの前にゲスト解説の石川遼は言ってました(*1)。
キムのは下りだが手前≒20cmから上り。
片岡のは下り、右に切れる可能性ある、と。

片岡もその通りに読んでたんですね、左に出していました。しかしタッチが結果的には少し強かった。こんな単純な1つの動きが、片岡から期待されていた勝利をもぎ取り、金に渡したわけですね。キムは本戦の#18でも下りのパットを決めてパーを拾ってますので、そのタッチの記憶が生きてたとも言えます。

毎年のことですが、和合のゴルフの神様は非情というか、ドラマ造りの名手。

金庚泰は体調も万全でない中でのV。これで今季既に「東建」に次ぐ2V。
東建も近藤共弘とのP.O.を制しています。
まさに鬼の面目躍如の活躍です。

片岡は悔し涙に暮れていましたが、これが糧になって、いずれ和合でのリベンジに花が咲くことを願っています。

*1:石川の解説は、我々ゴルファーにとって大変勉強になります。
  2010年には58(パーは70)という世界記録を出しただけに、
  和合のローカルナレッジは完璧に頭に入っていて、それを惜しげもなく解説してくれます。

(4/30 スティンプ:11+2/3 コンパクション24)

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。