パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「正面視、あるがまま」に続きます。

著者が最も強調したいのが、この項ではないかと私(Green Keeper)は思います。
大意を引用させて頂きますので、詳しくは該書をお読みになって下さい。

ーーーー
基本的な曲がり方は傾斜などを「視る」ことで判断できるが、より精密な曲がり方は転がるスピードを加えないとイメージできない。

「ヨコ読み」と「タテ読み」の2つの情報を、この段階で1つの「転がりイメージ」に統合する。

その結果、曲がり方と狙い方は微妙に変わる。

変化のバリエーションはたくさんあるが、基本的には

○傾斜通りならカップ1つ右だが、上り傾斜をショートしないように初速を速めると切れ方は弱くなる。
 もう少し内側、カップ半分右狙いで入ると決める。

○傾斜通りなら、カップ1つ右だが、下り傾斜が強いので「減速」区間が長くなる。
 その分だけ曲りも大きくなるからカップ2つ右狙いで入ると決める。

という読み方になる。

理想はカップまでのライン全体が立体的にイメージできている「立体視」が出来ていること。

プロのパットが非常に高いレベルにあるのはこの「視る」能力がずば抜けているからで、最初は「立体視」しやすいイメージを意識的に行うようにすると良い。
ーーーー

そして、立体視(3次元でラインを見る)ためには、グリーン上にグリッドや等高線をイメージすると良いとしています。

プロや上級者がグリッドや等高線をイメージしているとは思いません。
慣れてくると、これらは却って鬱陶しいイメージになってしまいます。
著者も、最初は意識的にこのようなやり方を勧めておられます。

上り下りでどの程度の切れ方の差があるかを練習グリーンで試しておくと強い味方になります。当日のグリーンスピードで、ある距離でこれだけの傾斜であれば、上りと下りでは3倍くらい切れ方が違う、というように把握するだけでも自信を持って曲りを読めると思います。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。