パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
2日目に-9(9○ノー△)で通算-12、2位の申ジエに3打差をつけてスタートの菊地絵理香。

申はそれこそ百戦錬磨で最終日の戦い方は百も承知ですから、油断はできませんね。

案の定、スタートホールで△。
申も△で菊地は気分的に楽になったでしょうか。
菊地はショットの良さがモノを言い、4○2△で危なげなく今季初Vを挙げました(-14)。

2位は4打差の鈴木愛と申ジエ。

申は虎視眈々と逆転を狙っていたと思いますが、#15(パー4)での菊地の左下≒10mからのバーディーパットが外れたので、追い詰めるチャンス。
 申の右上≒4mからのバーディーパットはカップ直前で左に切れカップを覗きながらも僅かに下へ。
 これで天を仰ぎ、パターを手放すという落胆の表情でした。

申はこれで追撃を諦めたと思います。
(それでも、3位に終わらず、最終ホールでは右下≒8mからのパットを真ん中から入れて○。
2位の鈴木愛に並ぶところはさすがでした)

それに加えて、菊地の#16(パー5)の上≒3mからのバーディーチャンス。
チョイフックでしたが左ヘリから入れる見事なバーディーパットでした。
申は右下≒2mからのチャンス。ストレートでしたが、わずかに右へ外してパー。
申の追撃はこれで絶たれてしまった印象でした。
鈴木は右≒1mを入れて○(この時点では単独の2位)。

菊地はこれで「バンテリン2015」以来の通算2勝目。

菊地はもともと良いショットを持っていますが、この過去ログに菊地のパットについてUPしました。

その時と今回も変わっていませんね。

しかし練習方法に違いがあったようです。
前週までのパットの不調は、リズムが速くなってボールの転がりが悪くなるので「グニャグニャシャフトのパター」で練習をして、この試合に臨んだそうです。

このグニャグニャシャフトのパターはパットの名手、「charさん」が実戦にもお使いになるというくらいにゆっくりにさせてくれるようです。
 シャフトがグニャグニャだと速くストロークしたらまともな方向に転がりませんので、ストロークをゆっくりとするのに効果が高いというわけですね。

あ、そして変わっていたのはウェアー(笑)。
昨年のV時はグリーンに身を固めていましたが、今回はピンク。

ツアー8年目で昨年の初優勝でしたが、初Vよりも難しいと言われる2勝目を手にして「これからもっともっと強くなりたい」と益々の活躍が期待できそうです。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。