パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
タイトルは「わかったと思うなー中部銀次郎ラストメッセージ」で有名ですね。

私も読みましたが、中身の大半を忘れてしまい、やっぱり私はメッセージを理解していなかったのかな、と反省しています。

タイトルに挙げたのは、中部さんの仰ることが少し理解できたかな、と思ったことがあるので忘れないうちに記事にしておこうというものです。

パッティングのストロークについては、昔から「イン ツー イン」と「ストレート」の軌道という考え方があり、今はストレート派が多いようですが、これは「4スタンス」理論が出て、個人の体の動きの特質に依存するもので、どちらが良いという事でないことが分かりました。

私は昔からストレートでストロークしてきて、その再現性の高さを習熟するには「ストレート」が良い、と言ってきました(反省!)。

これはこれで一件落着なんですが、問題は個人個人のストロークに関する意識。

私は、ゴルフを始めた頃に大先輩から、テークバックを「真っ直ぐ引けたら、フォローも真っ直ぐに出る」と聞かされてその練習(始めた頃は真っ直ぐに引くことすら上手くできず、そのことは過去ログにもUPしました)。

ところが藤田寛之は「フォローをライン上に出す」ことに意を配るべきと仰います。

結論から言うと「ストロークの軌道を意識しない」ストロークが最良と考え、です。

実戦ではストロークの軌道なんか考えるようでは良い結果は期待できないことは承知していて、そのつもりでやっているのですが、いざクラッチパットを入れようと思った時には、何故か「真っ直ぐにストロークすれば入る」という思いが出ます。

で、その後にはストレートということを意識せずにストロークすれば結果も良いのですが、しばしばストレートという意識が残ったままになります。

こいうときって外す確率が高くなるように感じます。

やるべきはそういう意識ではなく「気持ちよくストロークする」ことなんですね。
これもわかっているつもりでも、プレッシャーに負けて本来あるべき心理状態が維持できていない、ということです。

それで、これについての取組を少し行ってきました。

軌道を意識してストロークするのと、意識しないでストロークするのと、結果的にどちらが良いのかという実験です。

結果は意識しないほうがずっと良い、ということになりました。

クラッチパットを想定して、任意な方向に2mのパット(マット上ではありません)を打ってみると、後者の方が目標(ゴルフボール)に当る率が≒40%も高いです。

私は、肩の上下動でストロークするので、テークバックでは右肩を上げることに意識を置き、ダウンからフォローでは左肩を上げる、という意識の持ち方です。ストレートにテークバックするとかストレートにヘッドを出すとかの意識は捨てる方が結果は良いということです。

私の場合についていえば、肩の上下動という単純な体の動きなので、自然に軌道はストレートになっているんだと理解できます。

「ゴルフ月イチでも70台」のasupapa910さんは意識として胸郭(ソーラックス)の上下動でストロークなさいますが、これも同じように軌道は意識しないのではないでしょうか。
結果はストレートになっているわけですが、、、。

先日、asupapa910さんはショートパットで引っ掛けるという記事をUPしておられました。
「右手のパンチが入らずストロークが安定するクロスハンド」
ひょっとすると、同じような心理状態で、ダウンからフォローが打ち急ぎになって、そういうことになっているのではないかと思いました。
 何故なら、asupapa910さんの日頃の練習(≒5m)では、全くそんな現象は出ていないからです。

ストレートにストロークするということに、どうやれば出来ると気が付いたとします。
気が付いたということは何に意識をしたかということで、これで「分かった」(開眼した)と思うわけですね。

そういうことは当たり前で、そんなことに意識をとられているようでは実戦では役に立たないよ、と銀次郎さんは戒めたのではないでしょうか。

そんな感じを受けました。
銀次郎さんの仰ることが少しでも理解できたのかな、と思った次第です。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。