パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「距離勘を作る2」に続きます。

ヨコ読みを正対視して行い、傾斜やラインを読み取り、そこにボールを転がすイメージからスピードを想定する事で距離を掴みましたが、それを実現するための振り方はどうするかが次のテーマとなります。

著者の角田陽一さんは次のように続けます。
略して引用させて頂きます。
昨日の記事もそうですが、詳しくは著書「ゴルフメンタル強化書 パット&アプローチ上達の極意」をご覧になって下さい。

ーーーー
イメージ通りに転がせるヘッドの動きをつかむ

前向き素振りを実行する
 
 その手順は
「ヨコ読み」の体制でラインを正面視する
   (ラインに目を向けた状態にするので「前向き」という)

「前向き」のまま、パターを左右に連続的に振る素振りを行う
 ヘッドの動きを目で追わず、感じることを意識する。
 ボールの転がりをイメージしながら「加速点」(*1)にボールを加速させられる振り方を探す。
 スピード感などを変化させ、「これでOK」になるヘッドの動きを見つけて「振り方」を決める。

決まった「振り方」でヘッドの動きを感覚的に覚える
 何度か素振りを繰り返すと良い。(中略)
 このときも目は「前向き」をキープする。

時間に余裕があれば「前向き」のままイメージで1発だけパットを打ってみる
 「決めた振り方」をしてボールが「イメージ通り」に転がるかを確認していく。
 基本的にはイメージで打ったパットはジャストタッチでカップインする。
 決めたことに対して自信を深めることが大切。

万が一「イメージ通り」に転がらない、という結果になったときは
 「イメージ通り」になるように振り方を調整する。

アベレージゴルファーの素振りは、目線をボール位置に向ける「下向き素振り」(*2)になる傾向がある。
ーーーー

著者は以上の内容についてメンタルパットの基本だと付記したうえで、殆どが太字で記述されていますが、ここでは一部太字化を略しました。

*1:これは昨日も注記したように、この地点(ほぼ中間点)までを等速でボールを転がすイメージで取り組むのが取り組みやすいように私(Green Keeper)は思います。

*2:距離勘を得るための素振りですから、下向き素振りなさる方はおられないと思います。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。