パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「長尺のアンカリング対策1」に続きます。

ーーーー
で、実戦で感じた課題は①距離勘(原文は感、以下同じ)の習熟と②20m以上の強打の時の方向性の2点だと細貝さんは仰ってます。

今までの正面打ち(これはアンカリング規制に触れる)の場合、パターは完全に左手の2本の指で吊り下げられているだけですから、固定した右肩から脱力してだらりと下げた右手(腕)をパターに添えて、あたかも歩いている時に無意識で腕を振っているかのような感覚でパターと右腕をほとんど「重力振り子」としてストロークすることができましたので、振り幅での距離感調整は非常に再現性高くできました。

それに対して、新スタイル(横打ち)は両肩を動かす筋肉が主エンジンですので、この筋肉から「力み」を抜いて、パターと両腕/両肩を一体の自然な「重力振り子」としてストロークすることにはまだまだかなりの習熟が必要になりそうです。

肩の筋肉(背筋?)は強靭で普段はあまり繊細な動きをさせていませんから、僅かに力が入っただけでえらくオーバーしてしまったり、逆に心もち弱くなどと思うと途端にどショートしてしまったりと、ノーカンパットになりがちです。

16mまでのパット(私は4mが標準振り幅ですので、16mは2倍の振り幅)では、新スタイルのほうがむしろ方向性は良好かと感じます。

パターの照準線(サイトライン)と左前腕の向きとを一致させてパターグリップ上部を握り、肘を張りながら左手を左眼の左側に位置させ、(左眼を閉じて)右眼だけで前腕の線が目標を指しているように構え、(両目を開けて)左前腕が目標方向を指したまま左右に揺れずに遊動円木のごとく両肩の上下と連動して動くようにします。

左手首は固定していますので、インパクトの時に左前腕が目標を向いてさえいればオートマチックにパターフェースも目標に正しく向いているわけです。

また、パターの照準は短いのに比べ、前腕はずっと長く目標方向に伸びているので、ちょうどピストルで狙いをつけるよりもライフルの長い銃身で狙いをつけるほうがより簡単で正確に狙いをつけやすいことと似ています。

(短尺のパターでも、グリップ下部にパターの照準と平行に30cmほどの細い棒を取り付ければ、同じ効果が実感できるかと思います)

人間の肩の構造の問題で、20mを越えるほどに大きく振り上げると(グリーンエッジからのパターでの寄せだと36m相当の距離感もよくあることです)、前腕を目標に向けたままでトップ位置までパターを振り上げることは無理が生じてくるので、インパクト時に素直にてアドレス時の前腕の向きに戻ってきてくれないのが、課題②の原因かと思います。

トップでの前腕の位置は気にせず、引き始めと、インパクト時に前腕を正確に目標に向けたままにすることで解決する課題かと考えています。
ーーーー

如何でしょうか、長尺でもアンカリングせずにパット出来そうですね。

また、「やきそばパンZ」さんからは「Randy Haag式」という長尺でアンカリングしないストロークもコメントで教えて頂きました。

A・スコットや大江香織がクリアーしたように、長尺使用の方もクリアー出来るような気持ちが抱けたのではないでしょうか。

パットのストロークを変えて、それ以前のパッティングの成績(STATS)を得るまでにはショットのスイング改造以上に時間がかかるのが普通です。

該当者の方、是非頑張ってください。
ヨコシンさん、参考になさって下さい(笑)。

いつも御支援ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。