パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
大江香織は中尺パターを使い、今年から規制されているアンカリングの問題をクリアーして4年ぶりのツアー2勝目を挙げました。→「Tポイント2016」

イップスが原因で長尺パターを長い間使って独特のストローク(サイドサドルのような「正面打ち」をしてきた「パットお悩み解決広場を主宰する細貝隆志さん」

この方のストロークもアンカリングしていましたので、昨年後半に(お節介なことながら)如何に対応するのかと問合せしたりしてきましたが、どうやら本格シーズンに向けて新ストローク方式が開発されたようです。

腰痛やイップスで長尺を使ってアンカリングしてきた方は大勢いらっしゃいます。
横田真一はこのオフにいろいろと試行錯誤していると仰ってました。
腰痛でお悩みの方は短尺(レギュラーサイズのパター)より長尺が楽なので貴重な話です。

該当する皆さんどうぞ参考になさって下さい(該当なさらない方はスルー願います)。

先ずは取り組む前の考え方から、紹介させて頂きます。
ーーーー
正面打ちを捨てて敢えて横打ちにする理由は次のようなものです。

●アンカーリングに引っ掛からないような正面打ちのフォームをいくつか考えて試験してみるも、どれも方向の再現性があまりに劣る。自分が考えている方向に対して実際に打ち出される方向が違ってしまうというミスの発生頻度と「外れ」度合が、どんなに習熟しても許容範囲に収まってくれそうに感じられない。

●正面を向いて打つのに比べて、横を向いて打つのはどうしても視差が入り、正しく目標にフェース及びストローク軌道が一致しているかどうか自信が持てず、構える毎に不安が残るものの、構え方の工夫(※注)や今後の習熟練習により、なんとか「使いものになる」程度には「方向の再現性」が得られそうに感じられる。

●長尺横打ちであれば、長尺正面打ちでこれまでに積み上げてきて頭と身体に染みついた「距離感」技術をほぼそのまま継承することができる。

要するに、まずパッティングで最も重要な「距離感」の再現性が高い打ち方を対策候補フォームとして抽出し(この段階でほぼ「長尺パター」であることは決定)、更にその候補の中で方向の再現性が許容範囲に収まる「可能性がある」フォームに絞り込んだ結果が、「長尺横打ち」だったのです。

※注:構え方の工夫(照準のとり方)

1.左手首の角度は、自分が最も自然な角度を保つ。グリップを握る指を脱力と力を入れた握り込みとを繰り返しても手首の角度が変わらない角度を探る。

2.左手首から肘にかけての20cm程度の前腕直線部を「照準ライン」とする。(この前腕直線部を目標に合わせる)

3.パターを握るときは、まず上記の前腕直線部の方向とパターヘッドの照準線の方向とを一致するようにして左手を握る。

4.左手で「ぶら下げて」鉛直にホールドしたパターを球にセットし、左目の左目尻の真下あたりにグリップエンド部があるようにし、前腕直線部の照準ラインの後方延長線上に左右の眼を結ぶラインが合致するように身体のポスチャーを決める。

5.上記4.のポスチャーのまま(かつ、球にパターフェースの芯が合っている状態のまま)小刻みに身体(足)を動かして、目標に正しく照準ラインが向いているようにする。

6.最後にワッグルのように数回、小さいテークバックをとって、ストロークの軌道が目標→前腕の照準ライン→球→左右の眼を結ぶ線と一致していることを確認する。
ーーーー

(明日に続きます)

いつも御支援ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。