パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
ストローク前の決まった動作の中の一つの要点は、ストローク前の最後の動作を終わったら直ぐにパターのテイクバックを開始することである。

これは「パッティングの科学」(D・ペルツ著 児玉光雄訳 ベースボールマガジン社刊)のコラムです。省略して引用させて頂きます。

ーーーー
パターをテイクバックする前には、動作を中断してはならない。

静止して立つ動作が続くとテンポが取りにくくなるので、リズムを失い、パット中に体が硬直してしまう恐れが出てくるのだ。

それからテイクバックに入ると、両手の動きが速くなり、ピクピクと痙攣するような動きになってしまう。

今すぐ、自分の居間でストローク前の一連に決まった動作を実施してみよう。

その時にストローク前の最後の動きを試してみて、その直後にパターのテイクバックを開始してみる。

次に、完全に静止した位置からテイクバックしてみる。

恐らく静止した位置からのバックスイングはスムーズに動かないだろう。

だから、ストローク前の決まった動作(*1)を作り上げるときには、このことを念頭に置こう。
ーーーー

カップから目を離したら「3秒以内に打つ」と中井学さんは言われてますし、倉本昌弘も昔から(今も)3秒以内に打てと仰ってます。

お二人はイメージの時間経過による消失を防ぐという考え方ですが、スムーズな動きを妨げてしまうという意味でペルツさんの言葉も貴重です。

*1:始動時の動きをスムーズにするという点では、アドレスに入ってからテークバックする前に、フォワードプレスするのも効果的です。→「決まるフォワードプレス効果」
私(Green Keeper)は専らこれをやっています。これはテークバックをスムーズにするという効果のほかに、フェースのロフトをZEROにするという効果があります。

あ、淀みなくやればスロープレー防止にも効きますね(笑)。

いつも応援ありがとうございます。
ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。