パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
真ん中から入ったらパットは気持ちいいですね。

そんな贅沢は言わずに入れば良しなんですが、、(笑)。

傾斜(曲り)のある場合では、それが手前正面ではなく、傾斜の高い方向に移動します。

そのことについて、練習提案をするのは「禅パッティング」(J・ペアレント著 塩谷紘訳 ベースボールマガジン社刊)です。省略して引用させて頂きます。

ーーーー
飲料用のストローを使って、大きく切れるパットを読む能力を開発することができる。

カップにストローをボールに向けてカップの中心に置く。

次にボールが(その場の傾斜に従い)大きく曲がりながらカップ目がけて転がってくる姿をイメージする。

アップヒルの頂点で方向が変わり、カップに向かう時、ボールはハイサイドからでなければ、決してカップインしない(当たり前のことですね)。

ここで、この角度ならボールは確実にストローのいずれの側からでもカップインすると感じるまで、ボールが転がってくる方向にストローを回してみる。

これで、いわばパットの”優先道路”が開通したことになり、この場合、ストローとカップの(ボールに近い)エッジとの接点がこのカップの事実上の中心と言うことになる。

この地点を通るボールの転がり込む姿をイメージしたら、その地点とボールを結ぶ曲線に沿って繰り返し視線を走らせる。

そして(ラインを決めたら、その入り口から入るように)ボールを送り出し、ストローの右側或いは左側を通ってカップインするかを確認する。

そのようにして打ったパットから学んで読みを修正し、パットのための理想的な”優先道路”とカップの事実上の中心が見つかるまで練習を続けて頂きたい。
ーーーー

先日のラウンドで、このことが頭に浮かびました。

あ、この下りのフック1mのバーディーパット外したら、ブログのネタになるな、なんて邪念です。

で、見事に! ーーーー外しました(笑)。

この場合の反省は、余計なことを考えずに読んだ事実上の中心(右手前2時)に向かうようタッチに集中してそれだけをやるべきなんですね。

いつも応援ありがとうございます。
ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。