パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
ボールがカップに近づいて転がり速度が小さくなるとボールは傾斜や芝目の影響を受けやすくなることは誰も承知していることですが、ボールのある位置の傾斜にこだわる方は案外と少ないように思います。

私もその一人です(笑)。これでラインを見誤ります。

プロはラインを読むときに、ボールからカップに向かって読むことに加え、カップ側からもボール側を見てラインを読み取っていますね、あれです。あれをやるからプロはラインを正確に読める。

このことを「ボール/カップ逆転時の狙い幅保存の法則」と定義するのは細貝さんの著書「パット・エイミング教本」です。

ボールとカップの位置が変わったとしても曲がり幅は変わらない。

つまり、グリーン上にA点とB点があるときに、A→Bを狙うのとB→Aを狙う場合の狙い幅は同じという意味です。

日頃は、私(Green Keeper)のように、ゴール(カップ周り)の傾斜に留意するものの、スタート(ボール回り)の傾斜は軽視しがちだと思います。

正しい読み方はボールからカップを見た(A→B)曲がり幅に加え、逆にカップ側からボールを見た(B→A)曲がり幅を加えるというものです。

ほんとかな?と思われた方。次のようなラインをイメージをなさって下さい。

いま、仮にA→Bの曲がり幅が2カップ分のフックと読んだとします。B→Aは、A周りがフラットだとすれば、(反対に見えますから)2カップ分のスライスに見えます。

ところが、もしA周りが(Bから見て)フック2カップ分だとしたら、A周りはアドレス時につま先下がりですね。

この場合は、スタート時はスライス傾斜の影響を受け、ゴール時はフックの影響を受けるので、相殺されるので、ラインは真っ直ぐに狙えば良いというものです。

これで納得いただけたでしょうか。

「パット・エイミング教本」は、ちょっと難しいですが、そこに書かれている概念を理解しておくだけでも現場でのイメージが膨らむと思います。お勧めの一冊です。

Kindle版であれば、高級ボール1個分の価格です。

あ、これは別に細貝さんから頼まれたわけではなく、私の個人的なお勧めです、念のため。

いつも応援ありがとうございます。
ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。