パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
自分では、距離勘を作っているつもりでも、なかなか合わない場合、それは練習不足もその原因かもしれないが、自分の感覚を未だ引き出せていないのが、一番の要因ではないでしょうか。

と仰るのは「パットシングルになる!」(中井学著 池田書店刊)。

その一節から略して引用させて頂きます。

ーーーー
10mのパットで、パターを何度振ってもカップの近くで止まらないという人は、右手にボールを持ち、下手投げの要領でボールを転がしてみてください。(利き腕が左の人は左手)

カップを見たまま右手で転がすと、自分で思った以上にカップの近くに止まってくれるでしょう。

カップが遠ければ、誰でも右手を大きく速く振るし、近ければ小さくゆっくり振る筈です。

頭で考えることは何もなくて、目標までの距離を測り、腕の振りをコントロールするわけです。

パットもまったく同じで、目で見た感覚を最大限に引き出してストロークするのが距離勘(原文では感)に繋がります。

右手でボールを実際に転がしてみる。
次に右手でパターを持ち、カップを見たままで素振りを繰り返す。
それから両手でグリップし、通常のアドレスを作ったら、右手で転がす感覚のままでストロークする。

こうした手順で練習するのも良い方法です。

ラウンドにおいても、アドレスの前に右手で転がす要領で素振りを反復し、距離勘(同)のイメージを高めておくと効果的です。

このイメージはストローク②に適しているのではないでしょうか。
ーーーー

片山晋呉がやっていますよね。右手でアンダースローで、グリーン上にボールを転がす仕種。

でも、ちょっと気恥ずかく真似できないですね。

中井さんの仰るように、イメージでの仕種で距離勘を作る。
良い方法ではないでしょうか。

いつも応援ありがとうございます。
ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。