パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「2つのストローク①」に続きます。

2.肩甲骨のスライド(*0)を使うストローク

1に比べると前傾角度が深くなります。

両肘を軽く曲げて(五角形を作り)グリップし、膝は1に比べて伸ばし気味でアドレスします。

股関節を使って上体を折り(*1)、顔がグリーン面とほぼ平行になるように構えます。

ボールの位置は、体に向かって正面方向から見ても、ラインの後方から見ても、左目の下(*2)。

両目を結ぶラインはボールの真上になります。

頸椎を支点としてイメージし、肩甲骨を上下動させてストロークします。
テークバックでは右肩甲骨を後方(上)に引き、ダウンからフォローでは左の肩甲骨を後方(上)へ引きます。

肩甲骨はみぞおちに比べて可動域が広いので、大きなストロークが容易です。

ショットはインサイドインでもパットはストレート軌道で、と考えるパッターに向いています。

肩甲骨を使うので、自然にストレートに引けて、ストレートにフォローを出せます。

フェースの開閉は無しなので、フェースをスクェアに保っている時間が長いので、方向の安定に優れる、というストロークですね。

当然のことながら、シャフト周りの慣性モーメントの大きいマレット型のパターが向いています。

私(Green Keeper)がこのストロークなので、過去ログはこういう記事が多いです(笑)。

1よりも2のほうが優れると思う方は冷静に(笑)。

2はショットと違った動きを求められるため、自分の感性や好みを抑制されるように感じる方は向いてないと思います。試してみて違和感があったら1をどうぞ。

っていうか、1と2をそれぞれパターを代えて、試打してみれば宜しいかと思います。

*0:中井さんはスライドという表現をされていますが、肩甲骨の回転(上下動)です。
   これが完璧に上下動するのがM・ウィーの上体水平ストロークです。
    →「独特のストローク」
  なお、「あすちゃんパパ」は胸郭(ソーラックス)の回転をイメージしておられます。
  これは、どちらが一体感があり、距離勘が合うかですので、イメージも個人差ありです。

*1:中井さんは「背中を丸めて」と、書かれていますが、丸めると練習などで疲れが早いです。
   股関節に乗って背筋を伸ばしていた方が疲れにくいと思います。個人差に注意(笑)。

*2:これが転がりの良さに大きく貢献します。

いつも応援ありがとうございます。
ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。