パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
中井学さんはその著書(「パットシングルになる!」池田書店刊)の中で、パッティングのストロークは2つのタイプに分かれると解説しています。それを交えながらの記事とさせて頂きます。

1.みぞおちの回転を使うストローク。

2.肩甲骨のスライドを使うストローク。

自分の感性や好みにもよるが、1.のほうがベーシックなスタイルだと中井さん。

Ameblogerの中では前者の典型的なパッターは「道具屋」さん。

後者の典型は「あすちゃんパパ」や私(Green Keeper)です。

1ではアドレスの前傾が浅め、両膝の曲げもわずか。

 ショット感覚で構えるので、後方から見るとボールの位置は両目線を結ぶ位置よりも外側です。

 (ボールからやや離れて立つアドレスで、ショットのスイングとの一貫性を持たせている)
 
 両肩、両肘、両手とパターの一体感を維持し、みぞおちの回転だけでストロークしますみぞおちの裏側の胸椎が支点となるイメージーー太線部は中井さんの言葉。

従って、テークバックでは少しフェースが開き、これがインパクトではスクェアに戻り、フォローではフェースが少し閉じるタイプです。

即ち、ストロークの軌道はストレートではなく、わずかにインサイドインとなります。

しかし、これは意図的な軌道ではなく、自然に任せた動きで結果的にインサイドインになっていると思います。

フェースの開閉が伴うので、ボールをしっかりと捉えやすく、ボールがスムーズに転がるのが特徴です。いわゆる球足が良いパットになります。

長いパットでは、それなりに開閉も大きくなるので、ストロークの軸を崩さないで行うことで、ボールを狙い通りの方向に打ち出す必要があります。

5下を狙う道具屋さん(現在は6)が、改めてEaglegetterをお使いになるのは、この習熟のためです。

パターの形式としては、ピン型やL型が向いています。

道具屋さんの最近の記事、ご覧になりましたか。

iphoneを使って軌道の分析、インパクト時のフェース角、テンポなどを計測して練習に生かしています。
「DIYしてみた」
「測定してみた」

肩甲骨をスライド(回転)するストロークについては明日。

いつも応援ありがとうございます。
ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。