パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「パットお悩み解決広場」の細貝様からメールを頂き、本題以外に余談として次のようなコメントを頂きました。

ーーーー
左眼が利き眼の右打ちの人が球の30~40cm先にあるパットライン上のスパットでパターの照準を合わす場合には要注意です。

この位置関係だと、スパットが(球を見つめている)左眼の盲点の中に入ってしまい見えなくなっているため、本人は全く気付かないうちに、左眼で見えているパターフェースを右眼で見えているスパットに合わせていることになってしまうからです。

(盲点によるこのようなミスは、左右の目を球の後方のパットの線の真上に置くように顔をセットできれば防ぐことが可能です。
球とスパットとは別の眼の画像ですが、少なくとも方向はずれずに済みます)

右眼が利き眼の右打ちの人にとっては、左眼のスパットの画像は消えてしまって、利き眼が見ているスパット画像の一つだけになるので、いつもより照準を合わすのが心地よくできるはずです。

従って、右眼が利き眼の人はなるべく30~40cm先にあるスパットを積極的に利用することも非常に「有り」だと考えられます。

上記の盲点と同じ考え方を使うと、右眼が利き眼の人が3~10mくらいのパットの照準を合わす際に、左手を手刀の形で左眼尻の横に置き、ちょうど馬車馬の「目隠し」のようにすることで、左眼で見えるカップの画像を消して右眼(利き眼)が見ているカップの画像が一つだけとなって、照準を迷いなく合わせることができそうです。
ーーーー

人間は利き目がメインに画像を取り込み、他方の目がそれを補助的に働くことで立体感や距離感を作り出しているので、以上のような現象になりますね。

パットに限らずゴルフではラインと平行に構えてクラブを横振りするように構えるので、必ず視差の問題が生じます。「視力が変わる」と表現される方もおられます。

パットでは、ナビラインを使ってラインにセットしたら、アドレスで違和感が出ても、ナビラインを信じてストロークすることが大切だと思います。→「日本アマ・チャンプから学ぶ」

また、「スパットは近くに」置くことも大切ですね。

私は昔、「左目が利き目の人は上達する」という言葉を聞かされて、右が利き目である私は落胆した経験があります。これはどうやらフォローが大きく取れないということに関係するのかな、と思った記事がこれです→「利き目とゴルフスイング」

今では大きなフィニッシュが取れるようになりましたが、時間がかかりました。

いつも応援ありがとうございます。
ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。