パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「致命的な原因」に続きます。

著者の芝草順二さんは、続けて次のように解説しています。

ーーーー
ショットでは「左の壁をつくって打つ」という表現をするが、この左サイドの壁は、パッティングでも、身体の固定に効果がある。

ショットで、左サイドの壁を作るというのは、頭を球の後ろに残して、左足の内側で、回転する力を受け止めると、身体の左半分の筋肉が緊張し、あたかも壁のような感じになることを言う。

左サイドの壁を作ると、フォロースルーで、身体が流れないので、振り抜きが良くなったり、軸の狂いが少なくなると言われている。

左サイドの壁を作るというのは、要するに、ダウンスイングで、身体を固定することなのである。

このように左サイドの壁を作った状態にすると、パッティングでも、体がしっかり固定できるし、面白いことに左サイドのリードで、スムーズにフォワードスイングし易くなるので、良い方法である。

なお、パッティングするとき、左サイドの壁を作ることを特別意識しなくても、ショットで左サイドの壁が出来ている人は、だいたいパッティングでも、自然にできている。

左サイドの壁の作り方は、次の二つのタイプがある。

A 左肩先から左足までの左サイドをしっかりさせる。

B 左肩の中間から左足までの左サイドをしっかりさせる。

左サイドの壁のを作るためには、ショットのときと同様に、腰の位置を左足側に寄せたほうが作りやすいが、AとBの違いは、Aはかなり左足側に腰と上体を寄せて、完全な左足体重とした場合である。

Bは、腰をそれ程左足側に寄せず、上体を、中央から右側に寄せたアドレスをした場合である。

また、Aのような壁を作るためには、左肩を上げて、左脇を締める必要があるが、Bは、左肩をあまり上げないところが違う。

この他に左サイドの壁を作るためには、左膝を少し内側に押し付けたり、親指に力を入れて、左足の内側の線を押し付けたり、左腰に力を入れ足りする必要がある。

左足のつま先は、開いても開かなくてもどちらでもよい。

また、頭の位置は、ショットのときと同様に、球の位置より後ろに残った”ビハインド・ヘッド”の形にならないと、壁を作った感じにならないので、必ず球を左目の下から左に置かなければいけない。
ーーーー

この左に壁を作るのは、松山英樹がやっていますね。

松山はAのやり方と言えると思います。
但し、松山は両足を大きく開いたアドレスを取りますので、そんなにオーバーには見えません。
気持ち、左に乗っているという印象を受けます。

AとBでストロークのやり方が違うと著者は言いますが、それは明日に続きます。

いつも応援ありがとうございます。
ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。