パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「ミケルソンのパット」で紹介した芝草順二さんは次のように述べています。
  同じく一部を引用させて頂きます。

ーーーー
パッティングのミスを誘発する原因は、いろいろあるが、最も致命的な原因は、体が動くことである。
体が動いたら、ミスが重ならない限り、フェイスをスクエアにして打てない。

アマチュアは、体を固定することの重要性を知らないのか、知っていても出来ないのか、いずれにしても体の固定が出来ていない人が多い。

体の動く原因は、よくショートパットで、カップインが気になるあまり、つい頭が早く動いてしまうといった、心理的な原因から起こることもあるが、根本的には、アドレスで、下半身がしっかり固定できていないからである。

アドレスで、下半身をしっかり固定させるためには、次のような方法を実行すると良い。

①両足の親指に力を入れる。(*1)

②両膝を軽く内側に押し付ける。(*2)
 このとき両足の内側の線も内側に押し付けると、よりしっかり固定できる。
 両膝をつけるように、X脚のようにする場合もあるが、軽く内側に押し付けるだけで十分である。

③膝を曲げる。 膝を伸びきっていると、固定しにくい。
 曲げれば曲げるほど固定できるが、曲げすぎてもストロークしにくいので、自分に合った曲げ方を探すと良い。

④踵に体重をかける。
 踵に体重を掛けるためには、腰を少し引けばよい。

⑤スタンスを広くする。(*3)

⑥腰の位置を左側に寄せ、左腰に力を入れる。
 このとき左膝や左脚の内側へ押しつけがあれば、完璧である。(*3)
ーーーー

*1:パットの神様青木功のやり方ですね。

*2:女性はこのやり方が向いているように思います。
   お淑やかな印象の姿勢だからです。
   ここでは挙げられてませんが、逆に両膝を開くという方法もあります。
   かつての飯合肇をイメージしてください。 
   しかし、これはナデシコゴルファーには向いてないと思います。

*3:言わずと知れた松山英樹のやり方です。

これらはお試しになってどれが合っているか探すのが良いと思います。
4スタンス理論でもアドレスについて、身体特性に合ったアドレスを指導しているのではないでしょうか。

いつも応援ありがとうございます。
ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。