パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
ルックアップを防ぐには「インパクトで瞑目」或いは「ボーっと見る→(究極のルックアップ防止)」というやり方があるとUPしましたが、片目で見ろと言うやり方まで現れました!

'Round savers'by T.J. Tomasi with Greg Midland ('Golf Magazine,' February 2002)から「ゴルフ80を切る!日記」の高野様が引用された記事ですが、それを孫引きさせて頂きます。

ーーーー
「ショート・パットはバスケットボールのフリースローみたいなもので、どちらかと云えば単純な繰り返し可能なものだが、プレッシャーが高まると困難になる。

その原因の一つは過剰な視覚的刺激である。

目は1秒につき100万の情報を収集する。

これが起ると、ゴルファーは情報過剰で心神喪失状態となり、ギクシャクしたストロークに繋がってパットをミスする。

これに抗するには、メンタルな雑音を可能な限り排除し、一つのことに集中すべきだ。
それはパットを成功させること。

カップの周りの異なる位置に四つのボールを配置し、先ず三つのボールを連続してカップインさせる。その後、ターゲット側の目(右利きなら左目)を閉じ、最後のボールをパットする。

ボールがカップに転げ込む音を聞き、『この音大好き』と呟く。

コースに出たら、利き目でない方の目を閉じれば知覚情報のインプットを減らし、上の練習で得たソリッドなストロークに身を委ねることが出来る。

ストロークする直前、『この音大好き』を思い出し、落ち着いてボールをカップへと叩き込む。
ーーーー

片目を瞑るというパットミスの防止法。

私は効き目が右なので、これは違和感なくできます。

何故なら、ナビラインを使わないときに、アドレスに入ってからラインの確認をする時に、左目を瞑り右目だけでチェックしています。

本当は正対視でないといけないのですが、利き目だけで見ることで、ラインを確認することができ安心できます。

右利きで左利き目の方が、左片目を瞑ったら違和感が出るようにも思いますが、、、。

何故なら私はショットのときにルックアップを防ぐために、右目を瞑るくらいにして左目でボールを見るようにしています。これって意外に効果あるので、、、(笑)。

いつも応援ありがとうございます。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。